組んで6ヶ月でCDを発売したパンクバンドのボーカル時代

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パンクバンドのボーカル時代

パンクバンドとしてCDを出すには、どうすればいいのでしょうか?

今回、Web制作会社を起業した山賀宏明氏に「組んで半年でCDを発売したパンクバンドのボーカル時代」というテーマでインタビューを行いました。
山賀宏明氏は高校を卒業後、パンクバンドを組み、CDを発売した経歴があります。
今回、どういう経緯でパンクバンドを組み、CDを出すことになったのか伺っています。
パンクバンドを組んでいる方や、パンクバンドでCDを発売したいと考えている方の参考になれば嬉しいです。




高校を卒業後、京都に行った理由

高校卒業とともに東京へ

高校卒業と共に東京に出てきたんですか?

俺変わってて、一応「浪人」っていう体で、一年間京都にいたんですよ。
一応浪人なんですけど、お寺とか神社が大好きで、毎日お寺を見に行ったりとかしてました。
一人暮らししていたので、パチンコ屋で働いてましたね、京都の。
京都のパチンコ屋が、またガラが悪くて。(笑)
面白かったですけど、ガラが悪いんですよ、本当に。
新潟のド田舎から都会に出てきたからかもしれないですけど、京都はやっぱり人も多いし、その時は怖かったんですよね。

なんで京都に行こうと思ったんですか?

その時、ジャズとかブルースが好きで、もともとパンクバンドをやってたんですけど、高校の時は。
でも、その時「パンクはちょっと違うな。」と思って、今よりも渋い音楽を聴いてましたね。
今はあまり聞かないですけどね。(笑)
ジャズとかブルースって、京都がけっこう盛んだったんですよ。
だから、「ちょっと京都に行ってみよう。」と思って。
それで京都に行ったはいいんですけど、新潟から関西に行く人って、ほとんどいないんですよね。
みんなやっぱり東京に来ていて、東京に来た友達が、それこそ固定電話で電話してきて、「東京は音楽も盛んだし、いいぞ。楽しいぞ。」と。
「そっかぁ。」って言って、次の年に東京に来て。
それで、東京に来て、またパンクバンドやって、さっき言ってた病院のSEの話になるっていう感じですかね。




フランスでの生活

海外はどこの国に行きましたか

海外はどういうところに行ったんですか?

ヨーロッパは結構行きましたね。
病院の前にバイトをしていた時に。
俺、フランスに住んでたんですよ。

え?どれぐらいですか?

述べ2年くらいですかね。
ずっとじゃないですけど。
半年でビザが切れちゃうんで、行ったり来たりしていました。
京都からこっちに来て、すぐぐらいに行ったんですよね。
19歳くらいかな。
ちょうどその時お付き合いしている人がいて、モード学園のパリ校に行っていて。
それに一緒について行って、転がり込んでたみたいな感じです。
やることないから、フラフラその辺を回ってたみたいな。
でも、まだユーロじゃなくて、フランの時ですよ。
それこそ20年前とか。
それで、半年のビザが切れそうになると帰ってくるみたいな感じでした。
戻ってきて、ちょっとしたらまた行くっていう。
でも、今考えるとすごいアクティブでしたね、俺。
それで、ギターも持って行って、向こうで曲とか作って。
時間があったので。
彼女も学校があるんで、その間フラフラ遊んで、こっち帰ってきてバンドやるみたいな。

すごいかっこいいですね!

それだけ聞くとかっこいいかもしれないですけど、泥臭いもんですよ。
やっぱりお金もないんで、すごい安い飛行機を5万円くらいで取って、行ってましたね。
フランスまで、しかも往復。
5月とか10月の安い時期を狙って。
でも、面白かったですけどね、本当に貧乏旅行というか。
向こうに行っても生活ができないので、向こうの下流層の生活をしてましたね。
彼女の家はお金持ちだったんで、いろいろ仕送りはしてもらってたんですけど、そうは言ってもお金はないんで。
安いレストラン行ったりとか、スーパー行ったりとか、楽しかったですね、その時は。
その時は怖いものなしというか、勇気がありましたよね。
今考えると、よくそんなことしたなと思いますね。




高校の友達と組んだパンクバンド

同級生とパンクバンドを組んだんですか

高校の時の友達とパンクバンドを組んだんですか?

何個かバンドをやってたんですけど、最終的には高校の同級生とパンクバンドを組みましたね。
3人のパンクバンドだったんですけど、同級生はベースで、もう1人は4つぐらい年下の大学生でしたね、パンクバンドを組んだ時は。
東京農大の大学生で、ドラムをやってました。
ある共通の友達から紹介されて、一緒にパンクバンドを組んでたんですよね。
一応、俺はボーカルをやっていました。
でも、それも本当運が良くて、ちょうど流行ってた音楽だったんですよ。
3人でパンクバンドをやり始めるんですけど、その頃パンクが流行っていて。

それって何年くらいですか?

1998年。
そのパンクバンドを1998年から10年間ぐらいやってましたね。
パンクバンドを組んで3ヶ月間練習して、半年後にはCD出してたんですよ、俺。
ちょうど流行りの音楽だったので、事務所もパパッと決まっちゃって。
パンクバンドを組んで3回目ぐらいのライブに、その事務所の人がちょうど見に来てたんですよね。
それで、「事務所に入ってくれ。」って言われて、その事務所に入って、すぐ「CD出す」って話になって。
最初は「オムニバス」って言って、いろんなバンドが集まって1枚のCDを出すっていうやつだったんですけど、それがパンクバンドを組んで半年後には決まってましたね。
まぁ、その時は2曲なんですけどね。
そのあと、3ヶ月後くらいにフルアルバムを出しました。

はぁー!それはアーティストとして順調な道を進んでますね。

そうなんですよ。
スタートダッシュは良かったんですけど、そのあとはちょっと伸びなかったんですよね。
パンクバンドとしてしっかり活動してたのは最初の5年間ぐらいだけで、途中から病院とかパソコンの方に、俺がハマっちゃったんです。
その頃25歳ぐらいになっているので、いろいろ考えるじゃないですか、将来のことも。
「このままパンクバンドをやっていていいのかな?」とか思って。
それで「ちゃんとしなきゃ。」と思って、「パンクバンドにハマってる場合じゃねぇな。」と。
それで、ちゃんと就職を考え始めました。

パンクバンドの解散

パンクバンドを解散する時

パンクバンドを辞める時って、いろいろあったんじゃないですか?

でも、一人は俺と同級生だったので、不思議とその時考えている事が似てたんですよね。
まだそいつともつながりがあって、今まさに一緒に仕事していたりするんですよ。
彼はフットサル場の仕事をしていて。
だから、彼は分かってたんですよね。
年齢的に「このままじゃいけねぇ。」とお互いに思っていて。

でも、まだ25歳ですよね?

はい。
でも、それぐらいの年齢で考えないですか?
27歳ぐらいだったかな?
それで、「ちょっと考えないといけないな。」ってなって。
俺、実はその時結婚もしていて。
26歳で結婚したんですよね。
それで結婚もしているし、嫁さんからも「パンクバンドは辞めて、もうちゃんとしろ。」と。
でも結局「パンクバンドは辞める。」って言って解散ライブをやったんですけど、そのあともちょこちょこやってましたけどね、実は。
それで、何回か怒られました。
ばれて、「何やってんの?パンクバンドは辞めるって言ったじゃないの。」っていう話に。
まぁ、結局ダメになっちゃったんですけどね。
だからダメになっちゃったんですよね。(笑)

身内が一番厳しいですね。

もう一人のドラムの子は若かったんで、もう今は30代ですけど、農大生の子は。
そこからは違うバンドやったりしてましたね。
何回かその子のライブを見に行ったりしました。
今は劇団の音響にハマってるみたいですよ。
俺も今、そっちとは連絡取ってないんですよね。
仲悪くなって別れたわけじゃないですけど。
でも、なかなか自分の話をすることってないですよね。
意外に嫌いじゃないですね。
なんかいろいろ感慨深いですもん、自分でしゃべりながら。
ぶっちゃけパンクバンドやってたことも、俺の中でなかったことになってますからね。(笑)
だから、しゃべってて「そういえばやってたなぁ。」って。
あんまり言わないですしね、自分からは。
歳取ってますもん、やっぱり。
それにしても、わりかしやってたほうだと思いますけどね、いろいろな事を。

Web制作会社「株式会社CUBE」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Web制作会社を起業する方法

今回、「組んで半年でCDを発売したパンクバンドのボーカル時代」というテーマでインタビューを行った山賀宏明氏に「Web制作会社を起業する方法」を伺いました。
高校を卒業後、京都やフランスに行き、音楽活動に明け暮れた日々。
東京に戻ってきてパンクバンドを結成し、CDデビュー。
病院のSEを経験した後、Web制作会社を起業するまで人生をインタビューしています。
特に山賀宏明氏が起業する際に実際にとった行動に焦点を当て、聞いています。
Web制作会社に入りたい方や、ゼロからの起業・独立を考えている方にオススメの一冊です。


「Amazon Kindle」で全文を読む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*