IT

兄貴の影響でギターを始め、バンドに熱中した学生時代

兄貴の影響でギターを始めた学生時代

バンドでCDデビューを果たした人は、どのようなきっかけでギターを始めるのでしょうか?

今回、Web制作会社を起業した山賀宏明氏に「兄貴の影響でギターを始め、バンドに熱中した学生時代」というテーマでインタビューを行いました。

Web制作会社を起業した山賀宏明氏はパンクバンドでCDデビューを果たした経歴があります。

今回、山賀宏明氏にギターを始めたきっかけや、高校に入ってのバンド活動、兄貴とのつながりなどを伺っています。

バンドやギターに興味がある方や、Web制作会社への就職・起業を考えている方の参考になれば幸いです。




ギターを始めたきっかけ

小さい時はどんな子供でしたか

小さい時はどんな感じでしたか?

あんまり覚えてないですね。

でも、わりかし騒いでたみたいですけどね。

話を聞くと、その頃から目立つのが好きだったみたいです。

あんまり今と変わってないですね。

目立ちたがり屋というか、ちょっと人と違うことをするのが好きでした。

地元が本当にド田舎だったので、ちょっと変わったことをすれば、目立ったんですよね。

別にやんちゃだったわけじゃないんですけど、目立ってたとは思いますね。

音楽もしていたし。高校からバンドをしていて。

兄貴がいて、兄貴が中学校の時に、お年玉でギターを買ったんですよ。

俺、その時小6で。

なんとなくかっこいいじゃないですか、ギターって。

その頃から、家でちょこちょこギターを弾き始めてたんですよ。

ギターを貸してくれるんですか、お兄ちゃんは?

兄貴がいない時に。

勝手にギターをいじってると怒られるんで、いない時を見計らってギターをちょっと触るみたいな。

まぁ、ほとんど弾けてないですけど。

でも、小6でギターを触る機会があったので、周りより早かったですよね。

パソコンもそうなんですけど、人よりもちょっと早めに触れたことで、すごい助かった感じがします。

もう完全に兄貴の影響ですけど。

お兄ちゃんがいるっていいですよね。

兄貴がいたので、大体の事が手をつけるのが早くて、みんながギターを始めた頃に、ある程度できてたんですよね。

中1のお年玉で自分のギターを買ったんですけど、初めてのギターを買った時には、ある程度弾けたんですよ。

ある程度って言っても、コードぐらいですけど。

ちょうどうちらブルーハーツ世代で、ブルーハーツの曲をよくギターで弾いてました。

ブルーハーツの曲って言っても、簡単なんですけど。

難しいことはしていなくて。

それで中学校ぐらいからギターを本格的に弾き始めたんですけど、中学に入った時点である程度弾けたので、やんちゃな人らが言ってくるわけですよ。

「なんか、ギターうまいらしいな。」とか。

それで「◯中にギターがうまいやつがいる。」みたいな感じで、ちょっと噂になったりしたんですよね。

そういうやんちゃな人逹って、なぜか音楽やってる人達をけっこうリスペクトするんですよね。

だから、自分自身はやんちゃなことをしていなくても、スルスルっと目立ってたというか、うまく切り抜けられたというか。

高校に入って本格的に始めたバンド

高校に入って本格的にバンドを始めたんですか

他の高校とか中学からも声がかかってきたんですか?

かかってきましたね。

やっぱり田舎なので、そういう噂はすぐに広まりますよね。

それで、「一緒にバンドやろうぜ。」とか「ちょっとそこで弾いてくれない?」とか、けっこう言われましたね。

高校に入ったら本格的にバンドをやり始めて、体育祭でバンドをやってたりしてました。

体育祭でバンドですか?

うちらの高校はバンドが盛り上がるのが体育祭だったんですよね。

軽音部があって、文化祭もありましたけど、文化祭はちゃんとしたステージでやるんですよ。

でも、体育祭は青軍・白軍とか4軍あって、1軍1バンドみたいな感じで演奏するんです。

一応7クラスあったので、そこで振り分けて、2・2・2・1みたいな。

そこでバンドをやったんですけど、すごい盛り上がるので、目立つんですよ。

そういうバンドコンテストみたいなのがあったりしました。

高校時代はずっとバンドでしたね。

だから全然勉強できなかったんですよ。

それでバンドをやりたくて東京に出てきて。




中学の時に入っていた水泳部

スポーツはやっていましたか

スポーツはやってなかったんですか?

部活はやってましたね。

俺、水泳部だったんですよ、こう見えて。

ごつくて、ああいう水泳体型でしたね。

水泳選手って、けっこうごついじゃないですか。

その時は、クロールの選手でした、自由形っていう。

部長だったんですよ、一応。

それは中学校ですか?

中学です、中学です。

高校入ったら軽音部でバンドを始めたので。

大きかった兄貴の影響

兄弟は2人ですか

兄弟はお2人なんですか?

2人ですね。

でも、やっぱり兄貴の影響がデカいですね。

彼も高校卒業したら家を出ちゃって、一緒に住んでたのはずいぶん前なので、全然会ってないですよ。

一緒に住んでた時間が少ないからかもしれないですけど、仲はめちゃめちゃいいですね。
今、海外にいて、兄貴が。

貿易の仕事をしているんですけど、高校を卒業したらすぐにアメリカに行っちゃったんですよね。

それを見てるから、なおさら俺もポンポン行きやすいんですよね。

「アメリカに比べたらまだいいでしょ、日本だし。」みたいな。

だから、兄貴からはすごい影響を受けています。

インターネットがない時代は手紙とか、たまに電話していたんですけど、今はインターネットで「Skype」があるじゃないですか。

あれ、超便利ですね。

なので、2週間に1回は必ずしゃべりますね。

俺は今、起業して会社をやっているので、お互いに近況を話したりしてますね。

兄弟っていう太いパイプがあるので、兄貴と一緒に向こうで商売したいんですよね、実は。
それで、そのビジネスの話もしてますね。

「ここをこうしたらいいんじゃないか。」とか。

俺はアメリカのことは知らないですし、英語も喋れないので「マーケティングやっといて。」とか。




ネットショップの海外市場について

ネットショップの海外市場

今、個人が海外向けのネットショップを出すにはハードルが高くないですか?

確かに、あんまりいいサービスがないかもしれないですね。

兄貴も日本のものを輸入して貿易しているんで、なにか独自の商品を作ったりとかしているみたいですね。

でも、今ネットショップを海外の言語に翻訳できるような、システムで変えるやつありますよね?

中国語とか英語とかに簡単に変えられるやつ。

「Wordpress」も「EC-CUBE」もありますね、プラグインで。

海外の市場っていいと思うんですよね。

俺もそう思うんですよね。

日本のものを売ればいいと思うんですよ。

「メイドインジャパン」って売っていけば、売れると思うんですよね。

まだ原発の問題とかありますけど、たぶん「日本製」って言えば信用度が高いと思うんですよね。

海外でせっかく兄貴も仕事をしているし、兄貴と一緒にビジネスをやってみたいなっていうのがありますね。

最近は、「市場調査しといて。」とか「今、そっちはどこにいるの?」みたいな会話をしています。

一番は、会社の経費で向こうに行ければいいなと思って。

そういう邪な理由もあったりします。(笑)

海外好きなんですよね、自分。

Web制作会社「株式会社CUBE」