メディア

安定を求めて会社に就職する理由とは

就職する理由とは

就職する理由とは何なのでしょうか?

大学3年生になって突然「就職」となっても、どうすればいいか分からないですよね。

自分は何がやりたいのか、何が向いているのか。

今回、フォトグラファーとして起業した首藤慎一郎氏に「安定を求めて会社に就職する理由とは」というテーマでお話を伺いました。

「就職」について思うこと、「安定」とは何かなどお話を伺っています。

就職について悩んでいる方や、就職活動中の方の参考になれば嬉しいです。




「就職」について

就職についてどう思いますか

「就職」についてどう思いますか?

なんで「就職」ってするんだろうね?

いつも思うんだけど、大学生って必死に就職活動するけどさ「どこでも入れればいいや。」みたいな感じで就職活動してるのを見ると、「え、なんで?」って思っちゃう。

「やりたいこと」がないからじゃないでしょうか?

でも「やりたいこと」って、本当は大学生のうちに見つけなきゃいけないものなんじゃないの?

そこが日本人の学生はダメな気がする。

必死になってやってるじゃん、就職活動。

それで会社に就職したらすぐ辞めちゃったりするよね、「全然違う。」とか言って。

そりゃ違うよ。だって、その仕事が好きじゃないんだもん。

学生とか受験の延長線上みたいな感じでやってるよね、就職活動。

レールから外れたくないんですよ。

俺、レールから外れまくってるじゃん。(笑)

首藤さんが会社に就職してたら、どうなってたんでしょうね?

もし会社に就職したら、すぐに上司とケンカしちゃうから、出世しないよね。(笑)

全然出世しないか、すごい気に入られるかどっちかだと思う。

すごいウマがあう上司だったら、出世するかもしれない。

でも、ほぼない気がする。たぶんすぐケンカすると思う。(笑)

下に対してはそんなに強く言わないけど、上に対してはなんか許せなくなっちゃうんだよね。

でも、絶対に就職したくない。ここまで来て就職するの、なんか嫌だな。




「安定」について

定年まで会社で働くのが安定というイメージでは

一般的には会社に就職して定年まで働いて、退職金で余生を過ごすみたいのが「安定」っていうイメージがありますが、どう思いますか?

そういうのはちょっと違うな。

初めから「会社に就職して、定年まで働いて…」っていう想像ができない、自分に。

高校生の時から「会社に就職する。」っていう想像がまったくできなかったんだよね。

「カメラマンになる。」とかじゃないけど「なんか特別なことがしたい。」って思ってた。

でも、それは「タレントになる。」とか「有名人になる。」とかじゃなくてね。

カメラマンも一般的に言えば特殊じゃん。

そういう専門的な職業に就きたかった。

特に今俺がやってる「カメラマン」っていう職業は商業カメラマンで、作家さんとかじゃないから完全に技術職なんだよね。

特に今はデジタルになっちゃって、画像の修正とか校正とかも全部やるから、特に技術職だなって思う。

プロじゃないとできないような撮影とかもあるじゃん。

今人気の職業って「公務員」じゃないですか?

そうなの?

公務員が人気なのはたぶん親の影響だろうね。

「お金が大変だ。」とか言ってる親を見て、そんなふうに安定を求めるんじゃない?

あとは、漠然とやりたいことがないんだろうね。




結婚相手にも安定を求めてるって聞きますよ。

そうなの?リアルすぎて怖いわ。

なんだかんだ文句言ってるけど、やっぱり今の嫁はいい嫁だな。

はっぱかけてくるからね、仕事がない時に「営業した?今日なにしてた?」って。(笑)