コンサルタント

恋愛・婚活スタイリストの仕事とは

恋愛・婚活スタイリストの仕事とは

恋愛・婚活スタイリストの仕事とは、どのような仕事なんでしょうか?

今回、恋愛・婚活スタイリストとして独立したJURI氏に「恋愛・婚活スタイリストの仕事とは」というテーマでインタビューを行いました。

恋愛・婚活スタイリストの仕事とはどのような仕事なのか、セミナーやカウンセリング、ブログの執筆の仕事はどのように行なっているのか、恋愛本の出版についてなど、お話を伺っています。

恋愛・婚活スタイリストの仕事に興味がある方や、これから恋愛の仕事で起業・独立を考えている方の参考になれば嬉しいです。




恋愛・婚活スタイリストの仕事

恋愛の仕事とは

どんな仕事をされているんですか?

恋愛のカウンセラーです。

恋愛に関するカウンセリングとか恋愛セミナーの講師の仕事をしています。

セミナー講師は、恋愛をテーマにしたコミュニケーションのセミナーですね。

恋愛って、根本はコミュニケーションなんですよ。

恋愛カウンセラーのカウンセリングは、1対1でやっています。

恋愛セミナーはだいたい15人ぐらいですかね。

あとは、結婚相談所を審査する、事務局のお手伝いをしています。

それ以外には、恋愛に関するブログを書いたりしていますね。

結構頑張って書いてるので、ぜひ読んでもらいたいです。

JURI Official Website

恋愛セミナーは、どういう人を対象にやっているんですか?

婚活している人ですね。

大まかに言うと、結婚したい人、モテたい人、異性とコミュニケーションができない人。

「婚活したいけど、コミュニケーションができない。」っていう人もいれば、「コミュニケーションはできてる。」って思ってるけどできてない人もいて、いろいろなんですよ。

「俺、コミュニケーションができないんだ。」って自分で分かってる人って、素直に聞いてくれるんです。

でも、「俺、コミュニケーションはできてるよ。」っていう人は、気づいてもらうのが難しいですね。

だから、悪い例とかを話して、自分で気づいてもらえるよう促します。

誰とは言わないから、受け入れやすいんですよね。

みんなに向けて喋っているからということですか?

そうそう。

「あなたがそうです。」って言っちゃうと反発するから、「こういうNGな例があります。どういうことだと思いますか?」って質問しちゃう。

なぞなぞにしちゃうんです。それで、みんなに意見を出してもらう。

私の意見じゃなくて、みんなの意見なので、「はっ!」って気がついたりするんですよね。

ただ、だいたい恋愛セミナーにお金を払って来ている人って、そんなに反発心は少ない。

恋愛セミナーに来ない人、例えばこういう仕事をしていると、人とご飯を食べる機会があるんです。

その時に「恋愛のこと、教えてよ。」って、すごい言われるんですよ。

「コミュニケーションのやり方が分からないから教えて。」とか「どうやったらモテるの?」とか、「こういう時、どうしたらいいの?」ってすごい聞かれるですけど、そういう時に質問されるのが一番嫌で。

私は仕事だからスイッチが入るので、ちゃんと話しちゃうじゃないですか。

でも、そういう人達ってちゃんと話を聞こうと思ってないのに、恋愛に関して聞いてくるから聞く態勢じゃないし、反発してきたりするし、めんどくさいんです。

恋愛の仕事をしていて感じること

恋愛の仕事をしていて感じる事とは

プロでやっている人からよく聞く話ですけど、「仕事でやっていることを無料で聞こう」っていうのは良くないですよね。

思う。

それに「俺の方が恋愛に関して知ってる。」みたいな人もいて、「はー!?」みたいな。(笑)

そういう知識をひけらかすような、「自分の方が恋愛について知ってるんだよ。」みたいに言ってくる人とか、「まず、その時点でコミュニケーションとして、アウトなんですけど。」って思う。

そういう態度とか仕草って、恋愛にも出ちゃうんですよ。

「まず、そこを直した方がいいですよ。」みたいな。(笑)

なんか、自分が言われている気がしてきました。(笑)

いやいやいや。(笑)

突っ込みどころ満載。

なので、めんどくさい時は「恋愛の仕事してます。」って言わない時もありますね。




ブログの執筆について

ブログの更新頻度とは

ブログはどれぐらいの頻度で更新しているんですか?

前は毎日更新していたんですけど、今はちょっとクオリティを上げていこうと思って、以前書いた文章を修正していってます。

なので、最近はちょっと更新できていないですね。ブログを書くのも、結構大変なんですよ!

私、結構ガチでブログを書いていたので、大変でした。

ブログのアドバイザーみたいな人がいるんですけど、「JURIさん、毎日上げることよりもクオリティを上げてください。」って言われて、今はクオリティを上げています。

恋愛セミナーの仕事について

恋愛セミナーの仕事とは

恋愛セミナーは基本的に男性に向けてやられているんですよね?

今は男性向けです。

前は男女混合で恋愛セミナーをやったこともありますけど、最初は女性向けに恋愛セミナーをしようと思ってたんです。

でも、IBJの方から「男性向けにやってもらいたい。」って頼まれて、今は男性向けの恋愛セミナーをしています。

たぶん私が女性なので、男性向けに恋愛セミナーをやった方がいいっていう理由だと思います。

女性は結婚してからやろうかなって思っています。女性の方がシビアですよ。

女性が女性に対する評価ってシビアなんですよ。

「結婚してないじゃん。」みたいな。結婚してないと説得力がないんですよね。

もちろん男性にも説得力は必要ですけど、セミナー講師が結婚しているかしていないかよりも、中身がよければ納得してくれたりするので。

女性は、セミナー講師自身に説得力を求めたり、敵対心を持つ人も中にはいるから。

逆に「女性向けの恋愛セミナーをやるのは男性がいい」とかあるんですか?

女性向けの恋愛本は、男性の著者ばっかりです。

女性もいるけど、男性が多いですね。本来、恋愛本は異性が書くべきなんですよ。

女性が言う男性論は想像ですから。

でも、男性がいう男性論は実体験じゃないですか。

だから、男性には女性がやった方がいいし、女性には男性がやった方がいいんですよ、基本は。




恋愛本の出版について

恋愛本の出版

今、恋愛の本も書かれているんですか?

ゆくゆく恋愛本を出したいなと思っています。

やっぱり、本になったら読んでもらえる機会が増えるじゃないですか。

セミナーに来られない人も読むことができますし、バイブルとして持っていられるので。

本があれば、実際に「あっ!」って思った時に、バイブルに立ち返られるじゃないですか。

本は「立ち返られる場所」みたいな感じですね。

セミナーだったら、その都度タイトルが変わったりするし、その時はそのタイトルがピンポイントかもしれないけど、恋愛っていつどこで何に悩むか分からないじゃないですか。

その時に、「この本さえあれば大丈夫。」っていう恋愛本を書きたいですね。

内容としては、「コミュニケーション論」。

ようは、男女の違いを理解しようとしないから摩擦が起きるわけで、「男性はこうだ。女性はこうだ。」ってお互いに理解して、お互いが同じくらいのレベルで歩み寄れば、恋愛はうまくいくんです。

だけど、男女の違いを知らなければ歩み寄ることもできないし、理解することもできないじゃないですか。

なので「異性のことを知る」っていうことから始めるっていうことですね。

JURI Official Website