男性脳・女性脳の違いと効果的なブログの書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性脳・女性脳の違いと効果的なブログの書き方とは

男性脳・女性脳別の効果的なブログの書き方とは、どのような書き方なのでしょうか?

今回、恋愛・婚活スタイリストとして独立したJURI氏に「男性脳・女性脳の違いと効果的なブログの書き方」というテーマでインタビューを行いました。
実践してる効果的なブログの書き方、男性脳・女性脳の違いなど、お話を伺っています。

現在ブログを書いている方や、男性脳・女性脳に関して興味がある方の参考になれば嬉しいです。




効果的なブログの書き方

クオリティの高いブログの書き方とは

ブログは毎日アップするより、クオリティを上げたほうがいいんですか?

ブログのアドバイザーの方に「ブログで集客をしようと思ったら、毎日やるよりもクオリティが高いものを上げたほうがいいですよ。」って言われました。

ブログを読んでくれた人がファンになってくれれば、「ブログを毎日見たい。」って思ってくれるかもしれないけど、それでもブログを毎日チェックしている人って、そんなにいないらしいんです。

ブログで「ニーズのあるお客さんを捕まえたい。」と思ったら、例えば「恋愛 モテたい」とかで検索に引っかかるような文章にしたほうがいいみたいなんです。
なんでかって言うと、「JURIさんが今日書いたブログを今日見るんじゃなくて、最初から全部見るから。」って言われて。

確かにそうですね。自分もたまたま見つけたブログを最初から全部見ましたもん。

それはすごいですね!(笑)
そうなんです。
それって「男性脳」の特徴なんですよね。




男性脳と女性脳の違い

男性脳と女性脳の違いとは

「男性脳」って何ですか?

男性脳は、男性の脳の事ですね。(笑)
女性脳はたぶんそうはならないんですよね。

男性脳は、気になるタイトルがあった時に初めてブログを読むんです。
でも、気に入ったブログを、毎日日課のように見るのは女性の方ですね。

男性脳って、私の知り合いの男性もそうなんですけど、私のブログを一気読みするんですよ。

「最初から全部読んだよ、ブログ。」って。
女性からすると「え、このブログ、全部読んだの?超めんどくさいじゃん。」って思います。(笑)

男性脳は「グワっ!」ってブログを読むんですよね。

気になるんですよね、読んだブログが前に何が書いてあるか。

全然気にならないですよ。(笑)
それが「男性脳なんだな。」って思います。

だから、男性向けのブログだと、男性脳で書かないといけないから、難しいんですよね。
「恋愛で上手くいく3つの法則」とか、そういう書き方するのは男性脳なんです。

営業も同じような感じですよね。
女性は感情に任せてその時に思ったことを書いていくから、ブログを読んでいても別に何の違和感もないんです。
でも、「何とかを3つ!」とか言われると「堅苦しいなぁ。」とか思っちゃいますね。

形容詞が入ったブログは女性向け

「かわいい」とか「きれい」とか、形容詞が入った方が女性は受け入れやすいですか?

それはあると思います。
「かわいい」とか「きれい」とか入っていた方が、女性は親近感を覚えますよね。

男性向けのブログは、別にかわいいブログにしなくてもいいじゃないですか。
あと、男性向けのブログの方が行間が少ないというか、文字が詰まってる。

女性向けのブログの方が、行間が空いているんですよ。




確かにそうですね。いろんなブログを読むとそう感じます。

私は文字が詰まってると「読みにくい。」って思うんです。
でも、男性は行間が空きすぎている方が読みにくいみたいで、そういうことを考えながらブログを書かないといけないから、めんどくさいですね。

でも、みなさんが喜んでくれるなら、ブログも頑張れます。

JURI Official Website

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恋愛・婚活スタイリストとして独立する方法

今回、「男性脳・女性脳の違いと効果的なブログの書き方」というテーマでインタビューを行ったJURI氏に「恋愛・婚活スタイリストとして独立する方法」を伺いました。
東京で生まれ、千葉へ転校。縄跳びやバスケにハマっていた学生時代。
営業の仕事を続けながら、芸能事務所に所属し、モデルや役者の仕事をこなす下積み時代。
そこから、恋愛・婚活スタイリストとして独立するまでの人生を、インタビューしています。
特にJURI氏が独立する際に実際にとった行動に焦点を当て、詳しくお話を聞きました。
恋愛・婚活スタイリストの仕事に興味がある方や、恋愛・婚活スタイリストとして起業・独立を考えている方にオススメの一冊です。


「Amazon Kindle」で全文を読む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*