厳しかった営業とポリープが原因でなくなった仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厳しかった営業とポリープが原因でなくなった仕事とは

証券会社の営業の仕事とは、どのような仕事なんでしょうか?

今回、保育園を起業した鈴木麻友子氏に「厳しかった営業とポリープが原因でなくなった仕事」というテーマでインタビューを行いました。

楽しかった新入社員研修、厳しかった営業の仕事、ポリープが原因でなくなった営業の仕事など、社会人1年目の仕事の様子を伺っています。

営業の仕事に興味がある方や、これから起業・独立を考えている方の参考になれば嬉しいです。




楽しかった新入社員研修

楽しかった新入社員研修とは

新入社員として入った時はどうでしたか?研修合宿はありましたか?

1ヶ月ぐらい、研修合宿があったかな。
泊まり込みで研修をやったんだよね。だから、すごい仲良くなったよ、みんな。

同期は120人ぐらいいたかな。
でも、次の年は500人ぐらいだったよ、確か。

金融機関は多いよね。全国に店舗があるからね。
全員と仲良くなれるわけじゃないけど、けっこう知ってるもんだよ。全員はさすがに無理だけど。

どういう研修をするんですか?

マナー研修とか金融知識の研修、チームビルディング的なこともやるの。

「チームビルディング」っていうのは、ゲーム。
何かを探し出すゲームとか。

私のチーム、「スナックまゆこ」とかいう名前だった気がする。本当、ひどい…
私達は一般職だけで集まって、研修をやったの。一般職は20人ぐらいしかいなかったんだけど。

本当は「地域職」って言うんだけど。「地域職」は20人ぐらいしかいないから、私達はその人数だけで研修してたんだよね。
1グループ4人とか5人だったかな。

そんなチーム名がつくって事は、地域職の中でも目立ってたんですか?

なんでだろうね?私より目立ってる子はいたよ。関西の子。

でも、研修はめっちゃ楽しかった。合宿だもん。
私、合宿をずっとしてきた人だから、合宿とか大好き。

中学・高校も合宿はあったからさ。
男子とは部屋が一緒にならないから、女子だけの合宿だったんだけど、女子校上がりの私としては全然余裕だから。

本当はお酒飲んじゃいけないんだけど、夜中まで飲んでたな。
私達のグループは酒瓶を服の中に入れて、消灯になるのに部屋に持って行こうとして、人事が追っかけてきて、お酒を落として怒鳴られるみたいな。(笑)

なかなかやらかしてますね。(笑)

消灯時間過ぎてるのにお風呂で遊んでて、思いっきり水ぶっかけられるとか、そんな感じのグループにいたから。

配属先はみんなバラバラだったけど、今でもずっと仲良いよ。
しょっちゅう会ってる。




厳しかった営業の仕事

厳しかった営業の仕事とは

配属先はどうだったんですか?

配属先は新横浜支店で、いわゆる「小店」って言われる、小さい規模の店舗だったんだよね。
事務員さん合わせて20人くらいだったかな。

「大店、中店、小店」って呼ばれてて、「小店」の20人は少ない方なんだよね。
「大店」だと100人超えるからね、1店舗が。

配属先では、どういう仕事をやっていたんですか?

営業だよね。
新規開拓。飛び込み営業。電話かけて飛び込み。

飛び込み営業は普通にピンポンしたり、ビルの上から下まで全部営業して回ったり。
そういう、いわゆる普通の飛び込み営業。

対個人の営業もやったし、対法人の営業もやった。
両方やってたんだよね。

いわゆる「ローラー営業」っていう営業もやって、住宅地図を印刷させられて、営業に行ったかどうか全部チェック。
1軒ずつ回らないと終われないとか。ポスティングもやったし。普通の営業だよ。厳しめな普通の営業。

どうだったんですか、ノルマとか、営業成績とか。

私は「きっとできるだろう。」的に入ってきて、一緒に入った男の子が、全然しゃべったこともない同期だったの。
人事からも大して印象が入ってきてないような男の子で。

うちの支店に配属されたのは、私と彼の男女2人だったのね。
それで、男子の方が遅れて来るんだよね。新入社員研修が長くて、配属が遅れて。

支店長は私の事をすごい可愛がってくれたの、「ガッツある子来た!」みたいな感じで。
支店長はうちの会社ですごい有名な営業のスーパープレイヤーだったの。

仕事のやり方が決まっちゃってる人達って、ある程度変化率が限定されるけど、真っ白な人って変化率がすごいじゃない。
だから、支店長は私を「1から育てたい。」と思ったみたい。

すごい気合いを入れていて、新聞の読み合わせから営業の仕方まで、徹底的に仕込んでくれたんだよね。
本当に期待してくれていたんだけど、私2ヶ月ぐらいでポリープになっちゃって、ドクターストップで営業ができなくなったの。




ポリープが原因でなくなった営業の仕事

ポリープが原因で亡くなった営業の仕事とは

何が原因でポリープになっちゃったんですか?

電話のかけすぎ。1日に200件とかかけるからさ。
それと、飛び込み営業でしゃべり続けてるから。

営業のしすぎで、喉のポリープになっちゃったんだよね。
「なんか声が出なくなったな。」と思って病院に行ったら、「ポリープです。」って。

「どうすればいいんですか?手術ですか?」って聞いたら、「全然。良性のポリープだから、手術なんてしなくていいんだけど、とにかく声を使わないことが大事だから。」って。

「でも、私、営業の仕事なんです。」って言ったら、「ちょっと営業の仕事はお休みだね。今、声を出すと喉に負担がかかるから、まだ入ったばっかりなら、上司の方にも話せばきっと分かってくれるから、2、3ヶ月でも営業以外の仕事をさせてもらえるように言って、休みなさい。」って言われて。

それで「診断書をください。」って言って、診断書を出すのが当たり前だと思ってるから、部長と支店長がいるときに、診断書を出したんだよね。

支店長はもともとパワーの人で、朝会とかすごいハードなの。
私がポリープになってドクターストップになった時に、支店長はたぶんすごくショックだったの。

期待をかけて育てようと思ってた矢先に、「育てることすら許されないのか。」っていうのがショックだったんだと思うんだよね。
だから、それ以来、私の仕事はなくなっちゃったの。

新人だからさ、誰かの仕事を手伝ってあげたいと思うんだけど、できることがないの。
そもそも仕事を知らないから。

私が営業の仕事ができない間に、もう1人の男の子がどんどんできてきたから、反動で余計かわいくなくなるよね。
そっちは期待値が低かった分、喜びが大きいわけ、ボスは。私は期待値が高かった分、がっかりが大きいわけ。

それが2人の間で明確に出てしまったんだよね。

でも、すごい救われたのは、彼が「すーさんさ、なんで支店長と同行に行かないの?」って。
「お前、本当に空気読めないな。気づいてないのお前だけだよ。」みたいな。(笑)

そんな感じの社会人1年目。

株式会社coconホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保育園を起業する方法

今回、「厳しかった営業とポリープが原因でなくなった仕事」というテーマでインタビューを行った鈴木麻友子氏に「保育園を起業する方法」を伺いました。
初めて保育の仕事に興味を持った14歳。親の意向に沿って大学を卒業し、証券会社へ営業として就職。
営業の仕事を続けるも、29歳の時に会社を辞め、試行錯誤の結果、保育園を起業。
鈴木麻友子氏の幼少期から保育園を起業するまでの人生を、インタビューしています。
特に保育園を起業する際に実際にとった行動に焦点を当て、詳しく聞きました。
保育園の仕事に興味がある方や、保育園を起業したいと考えている方にオススメの一冊です。


「Amazon Kindle」で全文を読む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*