花屋が考える花の上手な注文の仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花の上手な注文の仕方

花を注文する時、どのように注文していますか?
花の上手な注文の仕方って、意外と知らないですよね。

今回、花屋として独立した大竹ミキ氏に「花屋が考える花の上手な注文の仕方」というテーマでインタビューを行いました。

花を指定せず贈る人のイメージを伝える注文方法や「花がしてくれる何か」について、お話を伺っています。

花の上手な注文方法が知りたい方や、花屋の仕事に興味がある方の参考になれば嬉しいです。




花の上手な注文の仕方とは

花の注文方法

何度か花屋さんで花を買った事はありますね。

そういう時って、どうやってお花を注文したの?

ベースの色と金額だけ伝えて、あとはあげる人のイメージで注文しました。

それはすごくいい注文の仕方ですね。上手です。
「あの花と、この花と。」って言って、花を指定して注文されると、花束を作るのも難しいんですね。

「この花をメインにした花束をお願いします。」みたいに、1つだけ花を指定して注文するのはどうですか?

1つだったらアリです。ただ、その花が「贈る人にとって意味があるお花」とか「2人の関係にとって意味があるお花」とかだったら、その花を入れる意味があるんだと思う。

でも、特にないんだったら、花は指定しないで注文した方がいいと思います。

先週、その花は市場で綺麗な良い状態で売っていたかもしれないけど、次に市場に行った時に同じ花があるかどうかは分からないから。花は生ものだから、同じような状態で売っていることはないんだよね。

季節によっても違いますしね。

例えば、「ふわっと優しい感じで。」って注文が来たら、ピンク系の優しい感じも1つだけど、クリーム系の優しい感じとも捉えられるじゃない?

そうしたら、「どっちの花の色が綺麗かな?」って思った感じで、私は花合わせ、色合わせしたいと思う。
だから、その辺はすごく幅を持って、お客さんにもお花の注文はもらうようにしてる。

「何の花と何の花でお願いします。」っていうよりも、「お花を贈る人はどんなタイプの人ですか?」っていう情報をすごく聞くようにしてる。「男の人ですか、女の人ですか?」っていうところから始まり、「何歳ですか?どんな雰囲気の方ですか?」とか。

「えー、わかんない!」とか言われると、「どんな色の洋服を着ていますか?趣味はどんな感じですか?」って、どんどん聞いていく。そうすると、だんだんお花を贈る人の人物像が見えてくるじゃないですか。

「ブランドが好きな人です。」って言うと、「ふんふん、ああいう方向だな。」っていうのが見えるし、「手作りで物を作ったりするのが好きで。」って言ったら、「ふんふん、ああいう感じだな。」とか、お花を贈る人の情報がすごく欲しい。

そういうお花をあげる人の情報を入れた中で、市場の花をびゅーっと見て、「ピン!」ときた花で合わせたい。
でも、大半のお花屋さんはきっと「オレンジ色のバラを入れてください。」とか、そういう注文の聞き方をしていると思う。




花がしてくれる何か

花が与えてくれる影響

お花って年に1回、2回とか、それぐらいしか買わないんですよね。やっぱりよく買う人はいるんですよね?

男性だから、そんなにお花は買わないよね。
そうだね、毎週毎週来てくれる人がいる。「ここのお店なしではいられない。」って言ってくれる人もいる。

そういう人っていうのは、うちの店に来てくれる楽しみもあると思うけど、「花がしてくれる何か」にも気がついている人です。

お花があることによって変わりますよね。

でも、あるんですよ、本当に。お花で変わることが。
私はそういう体験をして、「花でいこう。」っていう決心をしたの。

それはいつの話ですか?

子供を産んでから。
高校を卒業して、日比谷花壇に入って、「違う。」と思って辞めて。

織物をしながら日本料理屋で働いて、青山フラワーマーケットに入って。
青山フラワーマーケットを辞めて、独立して。そんなに長いこと気がつかなかったんですよ。

花屋「花やMOMO」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花屋として独立する方法

今回、「花屋が考える花の上手な注文の仕方」というテーマでインタビューを行った大竹ミキ氏に「花屋として独立する方法」を伺いました。

都立工芸高校に進学を卒業後、日比谷花壇に就職。初めて花の仕事に就き、花に対する申し訳なさを感じ、退職。

日本料理屋や青山フラワーマーケットで経験を積み、独立。その後、花屋として二度目の独立をするまでの人生を、インタビューしました。

特に大竹ミキ氏が独立する際に実際にとった行動に焦点を当て、詳しく聞きました。

花の仕事に興味がある方や、花屋での独立を考えている方にオススメの一冊です。


「Amazon Kindle」で全文を読む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*