私立の中学校に入った理由と高校での勉強

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
私立の中学校に入った理由と高校での勉強

自分で起業する人は、中学・高校とどのような生活を送っていたのでしょうか?

起業する事と学生時代の生活や成績に相関関係はあるのか、気になりますよね。

今回、広告代理店を起業した田原広一氏に「私立の中学校に入った理由と高校での勉強」というテーマでインタビューを行いました。

私立の中学校に入った理由、NTTに勤めていた父と看護師だった母、中学校での勉強とテストでの順位、エスカレーターで進学した高校などについて、お話を伺っています。

起業に興味がある方や、これから起業したいと考えている方の参考になれば嬉しいです。




私立の中学校に入った理由

私立の中学校に入った理由

中学校は私立に通ったんですか?

私立です。帝京中学校に入りました。

本当、「誰でも入れるんじゃないかなぁ。」くらいの学校ですけど。

僕、塾に3年ぐらい行ってるのに、本当に親不孝だと思うんですけど、全然勉強しなかったんですよね。

国語のテストで下線が引いてあって、「筆者の気持ちは?」っていう問題があるじゃないですか。

「前後3行読めば、答えが出せる。」と思っていたんですよ。

でも、ちゃんと全部読まないので、何の話か分からないんですよね。

それですごい成績が悪くて、帝京中学校ですら合格率20%みたいな感じでした。超頭悪かったんですよ。(笑)

当時4教科やっていて、理科・社会の偏差値が30ぐらいしかなかったんですよね。算数だけは50〜55ぐらい。国語も40くらいで、基本どこの中学校も受からないですよ。

でも、帝京中学校だけは奇跡的に一発で合格して。

まぁ、「僕らの代で偏差値が10下がったんじゃないか?」っていう噂もあるんですけど。(笑)

それで、私立の中学校に行きました。

ご両親は私立の中学校に入れたかったんですか?

いや、姉ちゃんが1個上にいるんですけど、姉が私立の中学校に行っていたので、「お前も私立の中学校に行くでしょ?」みたいな感じでした。

確かうちは「リバーサイド」っていう6階建ての団地に住んでいました。うちのお父さんがNTTなんですけど、そこの団地はNTTの社宅だったと思います。

その団地にはNTTの人がいっぱい住んでいるんですけど、社宅に住んでいると家賃が安いので、浮いたお金は教育費にかけるんですよ。

NTTってまぁまぁ収入がいいので、周りは教育ママが多かったみたいで、みんな子供を塾に行かせるんですよね。

姉ちゃんが私立の中学校に行くなら、弟も私立の中学校に行くじゃないですか、1コ違いなので。

僕は一言も「私立の中学校に行きたい。」って言ったことはないですね。

でも、「塾に行ってるんだから、私立の中学校に行かないといけないんだな。」っていう感覚はありましたね。




NTTに勤めていた父と看護師だった母

NTTに勤めていた父と看護師だった母

お父さんはNTTで、お母さんは専業主婦だったんですか?

いや、母はもともとは看護師だったんですよ。

子供が生まれて看護師を辞めていて、僕らが小学校高学年ぐらいの時から、どこかの病院の事務員をやっていました。

保育園って1人看護師さんがいないといけないらしいんですけど、今は保育園の中の看護師的なポジションをやっています。

あんまり詳しくは知らないんですけど。

中学校での勉強とテストでの順位

中学校での勉強とテストでの順位

帝京中学校に入ってどうなったんですか?

中学校1年生の時は普通だったんですけど、中学校2年生から常に学年で20位ぐらいだったんですよ。

僕、暗記タイプなので、範囲が狭いと1〜2週間頑張って、そこそこの点数が取れたんです。

中学校時代だったら、180人いる中の15位ぐらいだったので、先生に褒められるというかチヤホヤされるというか。

それで、高校に入った時も最初は一番成績のいいクラスだったんですよ、特進クラスみたいな。

その特進クラスの先生がすごく合わなくて。

僕、外部でサッカーをやっていたので、基本的に疲れていて眠かったんです。

学校のテストの点数が悪いと「朝7時10分に来い。」とか言われて。

私立の学校なので、通学に1時間ぐらいかかるんですよね。

朝7時10分に行くためには、6時10分ぐらいに家を出ないといけないんです。

6時10分に家を出るっていうことは、5時30分ぐらいに起きるじゃないですか。

僕、クラブチームで夜7時から9時までサッカーをやっていたので、5時半に起きるのって、超辛いじゃないですか。

しかも、サッカーが終わって家に着くのに30〜40分かかるので。

風呂に入ったりしていると、11時とか12時になっちゃうんですよね。

高校生ぐらいのいっぱい寝た方がいい時期に、12時に寝て5時半に起きるって、超辛いじゃないですか。

なので、基本学校は寝ていたんです。

確かに中学校・高校の時にその睡眠時間はきついですね。

あと、いろいろ言われるとやりたくなくなっちゃうタイプなんですよね。

中学校までは1〜2週間前までにちゃんと準備をして試験を受けていたので、学年で十何位とかだったんですけど、高校1年の時には特進クラスなのに180人中140位くらいだったんですよ。

まったく勉強しなくて。(笑)

うちって結構バカな学校だったので、テキストの説例をやれば、絶対80点ぐらい取れるテストを、僕テキストさえ見なかったので、40点しか取れなかったんですよ。

あと、授業中に寝ている奴って、ヤンキーっぽいじゃないですか。

そういうつもりは全くなかったんですけど、いつも授業中に寝ているので保護者会か何かの時に親が先生に「お宅のお子さんはリーダーだと思っているかもしれないですけど、違いますよ。」みたいなことを言われたらしいんですよ。

何のリーダーですか?(笑)

番長みたいな感じですかね。(笑)

先生としては「気取ってんじゃねぇよ。」みたいな感じだったと思うんですけど、先生の事が嫌いだったので、まったく勉強もしないですし、言われたことも常に「はいはい。」みたいな感じでした。

非行に走ってたわけじゃないですけど、何か言われるが嫌だったんですよね。

2年目もまた成績でクラス分けがされるんですけど、当時40人の特進クラスで3人だけ下のクラスに下がったんです。

その3人の中に僕が入っていて。

それで、1つ下のクラスの先生が「何をやってもいいよ。」みたいな、フリーな先生だったんですよ。

そういうところが僕は大好きで、何も言われないと「頑張ろう。」って思うタイプだったんですよね。

天邪鬼ですよね。(笑)

「やれ。」って言われると、やりたくなくなっちゃう。何も言われないと「頑張ろう。」って思うっていう。

それで、高校2年の時は最高で学年8位とかになっていました。




エスカレーターで進学した高校

エスカレーターで進学した高校

高校はどうやって入ったんですか?

エスカレーターです。何もしてないです。

特に試験とかはなかったと思います。試験を受けた記憶がないですね。

めっちゃ成績が悪いと試験があるかもしれないですけど、基本的には高校に上がれるっていう感じだったと思います。

ちなみに、お母さんは勉強することに対して、なぜそんなに熱心だったんですか?

熱心かどうかは分からないですけど、社宅で下の階の人が塾に行かせていたから、「うちも勉強させなきゃ。」みたいな感覚だったと思いますよ、最初は。

「あの子の家が塾に行ってるんだから、塾に行かせなきゃ。」みたいな。

ママ友つながりの話じゃないかなと思います。

相続情報ラボ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告代理店を起業する方法

今回、「私立の中学校に入った理由と高校での勉強」というテーマでインタビューを行った田原広一氏に「広告代理店を起業する方法」を伺いました。

大学受験を失敗し、手に職をつける為、税理士の専門学校に進学。税理士の専門学校で働きながら、株式会社SoLaboを起業します。

田原広一氏が中学校・高校の頃から広告代理店を起業するまでの人生を、4時間に渡って詳しくインタビューしています。

広告代理店の仕事に興味がある方や、広告代理店を起業したいと考えている方にオススメの1冊です。


「Amazon Kindle」で全文を読む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*