サッカーを始める事になった理由とレギュラーになる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカーを始める事になった理由とレギュラーになる方法とは

サッカーを始める人は、どのような理由でサッカーを始めるのでしょうか?

今回、鍼灸マッサージ師として独立した齋藤大輔氏に「サッカーを始める事になった理由とレギュラーになった方法」というテーマでインタビューを行いました。

齋藤大輔氏がサッカーを始めた理由、楽しさを見出せなかったサッカーを辞めなかった理由、中学・高校でのサッカー部と朝練、ベンチからレギュラーになった理由、大学でのサッカーなどを伺っています。

これからサッカーを始めたいと思っている方や、サッカーに興味がある方の参考になれば嬉しいです。




サッカーを始めた理由

サッカーを始めた理由とは

いつからサッカーを始めたんですか?

サッカーは小学校3年生から始めました。
サッカーを始めるまではピアノをやってたんですよ。母親が音楽の先生だったので。

ずっとヤマハ音楽教室に通わされてて、嫌だったんですよね。
小2から小3に上がる時に「ピアノ教室が週1から週2になる。」って言われたんですよ。

「絶対嫌だ。」と思って「お母さん、ピアノじゃなくてサッカーがやりたい。」って言ったんです。

なんで急にサッカーがやりたくなったんですか?

サッカーがやりたかったわけじゃなくて、ピアノを辞めたかったんです。

その時、ちょうどJリーグが始まった時期だったんですよ。
僕もJリーグが始まって1〜2年してからサッカーを始めたので。

サッカーが盛り上がってきて、ちょうどヴェルディが「ガーっ!」って来てたじゃないですか。
一応、自分の街にも「浦和レッズ」っていうチームがあって、サッカーブームが来ていたので、とっさに「サッカーやりたい。」って言ったんです。

「サッカーやるから、ピアノ教室を辞めさせてください。」って言って、母親の了承を得て、サッカーをやり始めたんです。
最初はそんな好きじゃなかったですね、サッカー。(笑)
下手だし。自殺点とかして、泣くんですよ、僕。

でも、中2の時にサッカーにスイッチが入って、サッカー命になりましたね。

サッカーを辞めなかった理由

サッカーを辞めなかった理由とは

小学校から中学校に入る時に、サッカーを辞めるタイミングもあったじゃないですか。そこでサッカーを辞めなかった理由はなんだったんですか?

サッカーを辞めるタイミングもありましたね。
実際、サッカーを辞めるか悩んでました。

中学校1年生の時に、部活動の仮入部みないなのがあるじゃないですか。
その時、サッカー部にすぐ行かなかったんですよ。
「ちょっとサッカーと距離を置こうかな。」と思って。

最初、理科系の「実験観察部」っていう部活に入ったんですよ。
実験したり、お菓子を作ったりする部活だったんですけど。

でも、途中で「やっぱりサッカーがやりたいな。」って思っちゃったんですよね。
その部活も面白かったんですけど「なんかこの人達とは違うな。」と思っちゃって。
それで、サッカー部に入りました。

中学校に入ってどれくらいでサッカー部に入ったんですか?

確か4月に仮入部して、5月のゴールデンウィークには入部届を提出しないといけなかったんですよね。
ゴールデンウィークが始まるギリギリまで、サッカー部に入るか悩んでましたね。

部活って、1年生の時はほとんど雑用じゃないですか。
雑用だし、あんまり試合に出られないし、「サッカー部、あんまり楽しくないなぁ。」って。
自分が中2になってからですかね、サッカーに目覚めたのは。




中学・高校でのサッカー

中学・高校でのサッカーとは

中学の時のサッカーはどんな感じだったんですか?

サッカーを見るのも好きでしたし、やるのも好きで、もうサッカー漬けでしたね。
浦和レッズがやっぱり好きで、小野伸二が好きでした。

あとは、バルセロナのリバウトっていう選手が好きで。
ちょうど中田ヒデが来てた時期じゃないですか。

なので、セリエAとか見たりしていました。
そこからサッカー熱が入ってきた感じですかね。
「サッカー命」みたいな。

その時は「プロサッカー選手になりたい。」って思ってました、漠然とですけど。

高校行ってからはどうだったんですか?

高校もずっとサッカーでしたね。
サッカー漬けみたいな。私立っていうのもあって。

私立だったんですけど、新設校だったので、そこまで設備が整っている感じではありませんでした。
まだ新しかったので。

サッカー部に入ったんですけど、僕サッカーを今までやってきて、絶対スタートはレギュラーじゃないんですよ。
いつも最初はベンチスタートで。

頑張って、最終的にレギュラー掴み取るみたいなパターンが多くて。

高校のサッカー部での朝練

高校のサッカー部での朝練とは

それってすごいことじゃないですか。レギュラーになれずに、途中で折れちゃう人ってたくさんいるじゃないですか。

けっこう腐る時もありますけどね。
「なんでユニフォームもらえないんだ。」みたいな。

腐ったりもしましたけど、自分も一生懸命になると突き詰めるタイプで、朝練とか別になかったんですけど、たまに1人で朝練とかしてました。
おにぎり持って行って、朝練して、おにぎり食べてから授業に行くみたいな。

そこはあんまり人に見せたくなくて、同級生にも言わないで。
最初は誘ったんですよ、「朝練する?」みたいな。
でも、みんな「しない。」ってなって、1人で朝練をしていました。

レギュラーのやつが「朝練しない。」とか言ってると腹立ちますよね。

腹立ちますね。
「お前のポジションを争うやつがいないだけだろ!」みたいな。

なので、学校のグラウンドで、1人で朝練をやっていましたね。
最初「スタミナがない。」と思っていたので、ずっと走ってたんですよ。1人1500m走みたいな。

それで、途中から「ボール使いたいな。」と思って。
「どうしたらボール使えるんだろう?」と思ったんですけど、ボールを使うためには部室を開けないといけないじゃないですか。

先生に嘘をついて「部室を掃除したいんで、鍵借りていいですか?」とか言って借りていました。

それ、毎日使えなくないですか?(笑)

そうそう。(笑)
そんな嘘をついて、サッカー部の部室を開けてましたね。
それでボール出して練習していました。

ボールを使えるようになってからは、リフティングしたり、フリーキックの練習をしたりしていました。
1人でできることしかしなかったですけどね。




高校でのサッカーとレギュラーになれた理由

高校でのサッカーとレギュラーになれた理由とは

ポジションはどこだったんですか?

ポジションはディフェンスだったんですよ、僕。
サイドバックとか、サイドハーフとか。

それで、左利きなんですよ。
左利きってあんまりいないので、珍しがられますね。

高校の時のサッカー部はどんな感じだったんですか?

高校の時のサッカー部は自由でしたね。
新設校っていうのもあって、決まった練習着もないですし。

3年生が1期生なので、歴史もないですし、先輩とか「君」づけしてたんですよ。
僕はそれが嫌で、全員「先輩」って呼んでました。ちゃんと「◯◯先輩」って呼びたいなと思って。

先輩も先輩オーラを出さずにやってくれたので、すごくいい感じだったと思います。
高校でも最初はレギュラーじゃなくて。最終的にレギュラーになった感じですね。

心が折れて辞めちゃう人が多い中で、なんでレギュラーになれるまで頑張れたんですか?

負けず嫌いでしたね、やっぱり。
あとは、がむしゃらにやればレギュラーが取れるわけではないので、自分の長所を全面に出したって感じですかね。

僕はパスカットと対人の強さが長所でした。
自分の中では読みがいい感じだと思っていたので、「ここにパスが出るな。」と思った時に、自分がマークしている選手より早く気づいてパスをカットしていました。

あとはスライディングが武器だったんですけど、相手のフォワードと1対1になるじゃないですか。
そうしたら、言い方悪いですけど、「こいつ殺してやろう。」と思って。(笑)

「調子乗るな。」みたいな感じで、けっこう気持ちは強かったんですよね。
「自分がマークした選手には絶対負けないし、絶対行かせない。」みたいな。

そこでディフェンスが崩されちゃうと、チャンス作られてゴールになっちゃうじゃないですか。
結構重要なポジションだったので、「そこは何が何でも行かせない。」と思っていました。

あんまりテクニックとかなかったんで、気持ちのプレースタイルでしたね。
そこが監督に最終的に見てもらえてレギュラーになれたのかなって思います。

大学でのサッカー

大学でのサッカーとは

大学はどうやって選んだんですか?

「スポーツに関わりたい。」っていうのと、「大学に行ってもサッカーをやりたいな。」と思っていたんです。
でも、やっぱり「関東リーグ」っていう、大学のプロに近い大学は無理だなと思ったんですよ。

そういう大学は「セレクション」っていうのがあって、セレクションにはたぶん通らないだろうなと思って。
でも、「楽しくサッカーを続けたいから、部活でサッカーができるところないかな?」って探していて、桜美林大学に入りました。

大学の時はどんな感じだったんですか?

大学はサッカー部が週に4回しかなかったんですよ。
部活って基本毎日じゃないですか。

強い大学だと、毎日やってますね。
うちの大学はサッカー部がそんなに強くないのと、他の部活もグラウンド使いたいので、グラウンドの割り振りがあって、週4回部活でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鍼灸マッサージ師として独立する方法

今回、「サッカーを始める事になった理由とレギュラーになった方法」というテーマでインタビューを行った齋藤大輔氏に「鍼灸マッサージ師として独立する方法」を伺いました。
埼玉県浦和市で生まれ育ち、サッカー漬けの学生時代。
サッカー選手のトレーナーを目指し、トレーナーの仕事に関わるも、違和感を感じ挫折。
そこから、鍼灸マッサージ師として独立するまでの人生を、インタビューしています。
特に齋藤大輔氏が独立する際に実際にとった行動に焦点を当て、詳しく聞きました。
鍼灸マッサージ師の仕事に興味がある方や、鍼灸マッサージ師として起業・独立を考えている方にオススメの一冊です。


「Amazon Kindle」で全文を読む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*