ファッション

30歳でキューバ革命を起こしたチェ・ゲバラと自分の差

チェ・ゲバラ伝の良さ

「チェ・ゲバラ」という人物をご存知ですか?

Tシャツのプリントなどで顔を知っている人は多いですが、「チェ・ゲバラ」がどんな人物かはあまり知られていないですよね。

今回、アクセサリーデザイナーとして独立した中田チサ氏に「30歳でキューバ革命を起こしたチェ・ゲバラと自分の差」というテーマでインタビューを行いました。

28歳の時に「チェ・ゲバラ伝」を読み、「チェ・ゲバラ」のやったことやすごさに感銘を受け、自分との差を感じ、前向きになったエピソードを伺っています。




「チェ・ゲバラ伝」とは

「チェ・ゲバラ伝」とは

「チェ・ゲバラ伝」って、そんなにいいんですか?

いいです!

ゲリラ戦とかをやって、キューバ革命を先導した「チェ・ゲバラ」の伝記です。

39歳でボリビアで亡くなっちゃったんですけど、「チェ・ゲバラ」は30歳ぐらいの時にキューバ革命をしているんです。

私、「チェ・ゲバラ伝」を読んだ時が28歳ぐらいで、しかも21歳ぐらいに買った本をずっと読んでいなくて、やっと読んだんですけど、「チェ・ゲバラ」は30歳でこんなことをしていて、「私、何やっているんだろう。」って思ったんですよね。

違う国でこんなにもいろいろとできている人がいて、「チェ・ゲバラ」は民衆を救って、私は民衆は救わないけど、「なんて何もやってないんだろう。もっとやれることはある。」って思ったんですよね。

「キューバ革命」が起こる前は、何主義だったんですか?

独裁政権でした。

独裁政権をクーデターで倒すんですけど、意見や話し合いで倒す事はできないんですよね、独裁なので。

そこを「チェ・ゲバラ」達反乱軍はゲリラ戦で戦っていって、国営軍の数を少なくしていって、国王を捕らえて倒すんですけど、戦争なんですよ、内戦。

「ゲリラ」っていう言葉も、そこが最初なんです。

それが事細かに書いてあって、別に私は命を削るわけではないし、軍事政権でもないし、独裁政権でもないので、ジャンルは全然違うけど、「1人の同じ人間なのに、こんなにできることがある人がいるんだ。」って。

「そんな寝られないくらいでグチグチ言っちゃダメだ!」って思ったんですよね。

比べちゃうと差が激しいですよね。

だって、「チェ・ゲバラ」と私は、脳みその大きさも大して変わらないし、体だって20cm30cmしか変わらないのに、「なんで『チェ・ゲバラ』にできることが私にはできないのか。」って。

その差って、「頑張っているか、頑張っていないか」の差だと思うんですよね。

自分ができることをフルの力でやっていないから。

すごい反省して、それで今は頑張っています。

寝なくても大丈夫。

多少ご飯が貧しくても大丈夫。

「ごめん、Tシャツでしか知らなかったよ!」っていう感じですけど。(笑)

よくTシャツになっているじゃないですか。

「Tシャツの人って思っててごめん!」みたいな。




「チェ・ゲバラ」とは

「チェ・ゲバラ」とは

「チェ・ゲバラ」って、確かに顔しか知らないですね。

「チェ・ゲバラ伝」には、「チェ・ゲバラ」の子供の時の事とか、学生時代の事が書いてあるんですよ、伝記なので。

「チェ・ゲバラ」はもともと医学生だったんです。

途中で会うんですよ、革命派の集団と。そこに感化されて。

「チェ・ゲバラ」は、もともとアルゼンチンの出身なので、キューバとは関係がないんですけど、ゲリラ軍と共にキューバに行って。

だから、「チェ・ゲバラ」ってキューバの人みたいになっているけど、出身はアルゼンチンなんですよね。

結局、キューバで独裁政権を倒して、自分達が主導権を握って、カストロ議長って今もいるんですけど、その人が総理大臣みたいなポジションになるんですけど、「チェ・ゲバラ」は外交とかを行う重要なポストをもらうんです。

それで、「チェ・ゲバラ」が外交とかをやっている時にボリビアが同じような状況で、軍事政権で独裁政権だったんです。

それを知った「チェ・ゲバラ」は、今度はボリビアを助けに行くんですね。

地位を全部捨てて。

またゼロに戻るんです。

でも、結局ボリビアで死んじゃうんですよ。

何が原因で死んじゃうんですか?

内戦で立ち上がった時に撃たれて。

ゲリラ戦をやっている最中に山の中で立っちゃって、ポコンって見えた時に撃たれて死んじゃうんです。

「チェ・ゲバラ伝」を読んで、「この人ゼロに戻った!」っていうのは衝撃的でしたね。

地位とか名誉のためにやっているわけじゃなく、ただ国民の生活を良くしたいっていう気持ちなんでしょうね。

「原動力は違うけど、こんなに頑張れる人がいるんだ。」って。

「甘い!私、甘い!」みたいな。(笑)

「チェ・ゲバラ伝」を読んで、本当にそう思いましたね。

アクセサリーブランド「YORTZ」