デジカメにいい点はない?デジタルカメラとフィルムカメラの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタルカメラとフィルムカメラの違いとは

デジタルカメラとフィルムカメラの違いとはどんなところにあるのでしょうか?
スマートフォンのカメラやデジタルカメラ普及し、フィルムカメラはほとんど見なくなってしましました。

今回、カメラマンとして広告の撮影やフェスのオフィシャルカメラマンとして活躍する齋藤剛志氏に「デジタルカメラとフィルムカメラの違い」というテーマでインタビューを行いました。
デジタルカメラとフィルムカメラで撮影した際の違いや、カメラマンとしての仕事の流れの変化、現像屋さんの現状などを伺っています。
カメラマンを目指している方や、カメラが好きな方の参考になれば嬉しいです。




デジタルカメラのいい点はない?

デジタルカメラのいい点はないんですか

カメラマンとして、デジタルカメラのいい点はないんですか?

デジタルカメラはね、いい点はほぼないのよ。
いい点は「間違いがない」っていうぐらいかな。
その現場で確認が取れるんで。
昔だったら、例えばモデルのカットだったら、最初ポラロイドで撮ってライティングとかを見るんだけど、それで確認してもらうの、「こんな感じでどうですか?」って。
それで、そのあとフィルムに変えて僕が撮ってたら、僕しか見れないわけ。
あとは俺の判断でOKだったらOKだし。
だから、フィルムカメラの時も間違いとかはあんまりなかったけど、フィルムカメラの方が良かったね。
フィルムカメラだと、そこで俺の色が出せるわけさ。
「ちょっとこっちからこうやってみようか。」とか。
フィルムカメラだと、みんなはその場で見れないんだよね。
デジタルカメラだと、すぐ見れちゃうから、「ああでもない、こうでもない。」って、撮ってる後ろで言ってるの。
あと、デジタルカメラだったら、「その日に写真をセレクトして、軽いデータが欲しい。」とかよくあるんだよね。
軽いデータをパッて渡して、それを向こうがセレクトするっていう流れなんだけど、そうすると現場が終わって事務所に戻って作業しなきゃいけないの。
飲みにも行けない。(笑)
フィルムカメラの時代だったら、フィルムを現像所に渡せば、あとは明日の昼ぐらいまで上がってこないから、それまでフリータイムなんだよね。
そういう時間もなくなるし。
あと、現像屋さんが食えなくなっちゃったしね。

現像屋の現状とは

現像屋さんって、今何やってるんですか?

現像屋さん、今は少ないっすよ。
今、たぶん都内に3〜4軒くらいしかないのかな?
詳しい数はわからないけど。
僕がいろいろ付き合いがあったところは全部潰れちゃって、現像屋さん辞めちゃって。

今もフィルムカメラの現像ってあるんですか?

うん、ある。
僕もフェスの写真はフィルムカメラで撮っていて、それはお願いする。




デジタルカメラとフィルムカメラの違い

デジカメとフィルムの違い

デジタルカメラとフィルムカメラの違いって何ですか?

いや、もう全然違うよ。
なんて言えばいいんだろう。
なんかね、フィルムカメラで撮ると、柔らかい感じ。
デジタルカメラだと、後処理にもよるんだろうけど、なんかシャープ過ぎるんだよね。
細かいの。
バキバキみたいな。
たぶん今の「4K」っていう液晶テレビと、昔のブラウン管のテレビみたいな違いなのかな。
なんかもう気持ち悪いじゃん、バキバキしてて。
あれはあれでいいんだろうけど、でかいポスターとかビルボードとかはね。
でも、なんか写真っぽくないんだよな。
いいことないっすよ、デジタルカメラになって。
僕はね。
クライアントとしては仕事が進めやすかったりして、いいんだろうけどね。

デジタルカメラは、ためらわずにシャッター切れるから、メリットがあるのかなと思ってました。

確かに、それはあるかなぁ。
でもね、考えなくなるんですよ。
どこを撮るかっていう、押し時をね。
やっぱフィルムカメラだと、考えて撮るからさ。
連写すりゃいいってものじゃないからね。
だから、フィルムカメラの時は、「ポラロイド」っていうので確認して、ライティングを見たりとか、「どういう構図にしよう?」とか考えたりするんだけど、「ポラロイド」って1枚400円とか500円とかするの。
「ポラロイド」って、普通にみんなが思ってるウィーンって出てくるポラロイドじゃなくて、10枚パックになってるやつをフィルムの後ろにつけるんですよ。
フィルムバックからカポッってフィルムを取って、ポラロイドのこういうやつをガチャンってつけて、バシって撮って、ここからすっぽ抜くとポラロイドが出てくるの。
それがね、「シノゴ」とかフィルムのサイズによって金額が違うんだけど、カラーとモノクロがあって、カラーで「シノゴ」のサイズだと、1枚500円くらい。
それでね、1枚500円かかるから、シャッターを切るにもめちゃくちゃ考えるんだよね。
10枚切ったら5000円じゃん。
まぁ、それももらえるんだけどね、予算で。
だから、そういうのがなくなっていいところもあれば、「まぁ、考えず、とりあえず撮ろうか。」とかそういうのが増えてきてるよね。




カメラの寿命

カメラの寿命とは

カメラって、1台のカメラでシャッターを切れる回数って決まってるんですよね?

そうなの?(笑)
確かにあるかもね。
何万回なんだろう。
こないだカメラ1台壊れたけどね。
カウンターとかあるのかな?

「何万回、何十万回しか切れないから、カメラは消耗品だ。」って聞きました。

そう、カメラは消耗品。
特にね、そういう35mmタイプの一眼レフのデジタルカメラだと、本当に回数切るからね。

「宇宙大使☆スター」オフィシャルホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラマンとして独立する方法

今回、「デジタルカメラとフィルムカメラの違い」というテーマでインタビューを行った齋藤剛志氏に「カメラマンとして起業する方法」を伺いました。
美大をテキスタイルを学んだ後、2年間海外での生活を行い、日本に戻ってきてカメラマンを志ざします。
アシスタントを経験し、カメラマンとして独立。
現状に至るまでの人生をインタビューしています。
特にカメラマンとして独立する際にとった行動に焦点を当て、聞いています。
カメラマンという職業に興味がある方や、カメラマンとして独立を考えている方にオススメの一冊です。


「Amazon Kindle」で全文を読む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*