口元を隠す癖と義理と人情を大切にするこだわり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

口元を隠す癖と義理と人情を大切にするこだわりとは

癖や譲れないこだわりはありますか?

今回、恋愛・婚活スタイリストとして独立したJURI氏に「口元を隠す癖と義理と人情を大切にするこだわり」というテーマでインタビューを行いました。

ハンドクリームと口元を隠す癖、自分の中で譲れないこだわり、その他のこだわりや興味などについて、お話を伺っています。

恋愛・婚活スタイリストJURI氏の癖や譲れないこだわりを聞く事で、恋愛・婚活スタイリストJURI氏の人物像に迫ることができればと思います。

このインタビューを通して、恋愛の仕事に興味がある方やこれから独立を考えている方の参考になれば嬉しいです。




ハンドクリームと口元を隠す癖

ハンドクリームと口元を隠す癖とは

癖はありますか?

癖かぁ…
こうやって、口に手を当てて喋るとか?

口元を見られるのが恥ずかしいんですよね。
原因は… 鼻炎?(笑)

鼻炎なんですか?

鼻炎なんです。
だから、なんか喋る時に口元隠しちゃうのが癖なんです。

鼻水が出ちゃったら嫌だなと思って。(笑)
喋っていて鼻水が出たら、相手に失礼じゃないですか。

他にはあります?自分で認識している癖。

他の癖は、ハンドクリーム塗ることですかね。

今も塗りたいです。
ハンドクリームを塗るのは癖ですね。

それは「手が乾燥している。」って感じるんですか?

そうなんですよ。手が乾燥しちゃうのが嫌なんです。
リップクリームとハンドクリームは常に持ってます。

手が乾燥している女の子って嫌じゃないですか?
手は綺麗な方がいいかなと思って。

少しでも手に水分がなくなったら塗っちゃうんですよ。
手に水分がなくなると、カサカサしますよね。

普段、無意識に手を触ってるんでしょうね、たぶん。
それで、癖だからハンドクリームを塗っちゃうんですよね。

自分の弱点とか、嫌な部分ってありますか?

弱点は「ギリギリにならないとやらないこと」。
前もって準備しようと思っていて、結局ギリギリでやることになっちゃう。

小学校の夏休みの宿題とかも、最初に計画を立てるんだけど、ゆっくりやりすぎて「やばいやばい。」みたいな。(笑)
小さい時から、同じような感じです。




自分の中で譲れないこだわり

自分の中で譲れないこだわりとは

自分の中でのこだわりはありますか?

絶対にお化粧は落として寝るとか。
普通か。(笑)

「ポリシー」ってやつですよね?
どんなに疲れて寝ちゃっても、途中でムクっと起きてお化粧は落としますね。

あとは「決めたことはやる」とか?
特に「こだわり」ってないのかもしれません。

こだわりが本当になくて、それがよくないと思います。

でも、こだわりが強いタイプだと、ストレスが溜まりますよね?

こだわりが強いのは、それはそれでいい気がしますけどね。
私、こだわりが全然ないから、逆に困っちゃいますね。

こだわりがないと、寛容じゃないですか。こだわりが強いと、人の行動とか気になりますからね。

こだわりが強いと、人の行動が気になるんですか?
私はあんまり人の行動は気にしないですね。

昔は結構、人の行動も気にしてたかも。
でも、人って100点はないんですよ。

そう思ったら「自分が100点じゃないんだから、相手に100点求めてもしょうがないかな。」って思うんです。

「これだけは譲れない。」っていうこだわりはありますか?

「義理、人情」

「義理人情」をないがしろにする人はいらないですね。
「義理、人情をないがしろにする人を許さない!」とか、そこまでは考えないですけど、一緒に仕事をしなきゃいいだけなので。

「義理人情」をないがしろにする人とは付き合わないようにしますね。
ムカつかない距離まで離れます。




その他のこだわりや興味

その他のこだわりや興味とは

家の家具を買う時にこだわりはありますか?

家具を買う時は、ニトリとかIKEAですかね。
最初は本当に適当に決めましたよ。

あんまり家具にこだわりってないんですよね。
家具を買う時は、色と安いかどうかで決めますね。部屋は白が多いです。

メンタルトレーニング的に、部屋の色は何色がいいとかあるんですか?

住みやすい色がいいんじゃないですかね?
自分が心地よい色。特に「この色」っていうのはないと思います。

「経営者の方は占いをやる。」って聞きますけど、占いとか風水に興味はありますか?

占いは好きですね。
たまーに行きます。

だけど、いいことしか信じないですね。
背中を押してほしいだけなんですよ。

嫌なことは頭に残らないです、逆に。
すぐに忘れちゃう。(笑)

毎日欠かさずやっていることはありますか?

マッサージと、毎日は出来てないけど、腹筋とストレッチはやるようにしていますね。
30回ですけど。(笑)私の場合、気休めですから。

JURI Official Website

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恋愛・婚活スタイリストとして独立する方法

今回、「口元を隠す癖と義理と人情を大切にするこだわり」というテーマでインタビューを行ったJURI氏に「恋愛・婚活スタイリストとして独立する方法」を伺いました。
東京で生まれ、千葉へ転校。恋愛とバスケにハマっていた学生時代。
営業の仕事をしながら、モデルや役者の仕事を続けていた下積み時代。
そこから、恋愛・婚活スタイリストとして独立するまでの人生を、インタビューしています。
特にJURI氏が独立する際に実際にとった行動に焦点を当て、4時間に渡ってお話を聞きました。
恋愛・婚活スタイリストの仕事に興味がある方や、恋愛・婚活スタイリストとして独立を考えている方にオススメの一冊です。


「Amazon Kindle」で全文を読む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*