失敗の定義と「失敗は成功のもと」という考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗の定義と失敗は成功のもとという考え方とは

失敗したことはありますか?「失敗の定義」とは何なのでしょうか?

今回、恋愛・婚活スタイリストとして独立したJURI氏に「失敗の定義と『失敗は成功のもと』という考え方」というテーマでインタビューを行いました。

「失敗の定義」とは何なのか、「失敗は成功のもと」と感じ始めた時期、失敗を回避する為に気をつけていることなどについて、お話を伺っています。

失敗した経験がある方や、失敗してしまって悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。




失敗の定義

失敗の定義とは

JURIさんにとって、「失敗の定義」は何ですか?何が「失敗」にあたりますか?

「失敗は成功のもと」って思ってるから、あんまり失敗した事を覚えてないんですよ。
例えば、「失敗」という事で言うと、事前準備をあんまりしなかったことですかね?

セミナーの事前準備をしなかったから、「失敗だったな。」って思った出来事があったんですか?

1回、セミナーのタイトルを間違って準備して行っちゃった時があったんです。

3部構成のセミナーがあって、「1・2・3、1・2・3」ってやってたんです。
当然「1・2・3」の順番だと思い混んじゃって、事前に確認していなかったんですね。

でも、ある時「1・2・3、1・3・2」みたいな時があったんですよ。

3のセミナーをやる前日にめっちゃ2の練習をして行って、「これね。」みたいな感じで威張ってパワーポイントを出して待ってたら、「あれ、今日このタイトルじゃないですよね?」みたいな感じで言われて。

言われるまで気づかなかったんですね?(笑)

「やっば!」と思って。

しかも、季節に合わせたテーマを勘違いしていた2のテーマに入れ込んじゃっていて、時間を計算して作っているから「どうしよう…」と思って。
間違いに気づいたのが、セミナーが始まる2分前くらいだったんですよ。

とりあえず、次の回のパワーポイントも作ってあったので、とりあえずそのパワーポイントを出して。

私、いつもセミナーのタイムを計算しているんですよ。
たとえば、3分のワークを入れて、ストップウォッチ代わりにしたり。

パソコンでいろんな回のパワーポイントを見られるように、全部保存してあるんですね。
そのパワーポイントを出して、次のパワーポイントも見られるようにちょっと出しといて、それでなんとかそのセミナーは乗り切ったんですよ。

パワーポイントを2つ出しといて、季節的なものだけ3のパワーポイントを見て、また2のパワーポイントに切り替えてみたいな。
それがうまく出来ちゃったものだから、私。(笑)

そのセミナーは何事もなく、無事に成功したんですね。

そうですね、普通に何事もなかったようにセミナーは成功しました。
でも、失敗は失敗ですよね。

ただ、そのセミナーがうまくいった事で、失敗が逆に自信にもなっちゃいました。
「なんとかなるな。」って。




「失敗は成功のもと」

失敗は成功のもとという考え方

さっき言った「失敗は成功のもと」っていう考え方は、昔からあったんですか?

昔は「失敗は成功のもと」っていう考え方はなかったかもしれないですね。

いつの段階で「失敗は成功のもと」って思うようになったんですか?

「失敗は成功のもと」って思うようになったのも、やっぱりメンタルトレーニングのせいかもしれません。
私、基本がマイナス思考だから。

だから、私もたまに出てきますよ、あいつが。
でも、「あいつだな。」って思えば、大丈夫。

最近、自分の中でのマイナス思考への対処方法は「寝ること」ですね。(笑)

そうそう。
マイナス思考への対処法が分かってるといいですよね。

私もありましたよ、次の日まで引きずること。(笑)
そんな時代もありましたね。




失敗を回避する為に気をつけていること

失敗を回避する為に気をつけている事とは

失敗を回避するために、気をつけていることってありますか?

前日にタイトルを確認する。(笑)
すごい当たり前なことですけどね。

タイトルを確認するようになってから、一応失敗はなくなりました。
でも、今日もタイトルを確認したら、危うく間違えそうだったんです。(笑)

念のため、もう1回確認したら「あ、違う。」と思って、それでちゃんとした方を出しました。

その時に失敗してなかったら、今日のタイトルが間違ってたかもしれないですもんね。

そうですね。前回の失敗の二の舞になってた可能性があるんですよね。
だから、確認は大事。

JURI Official Website

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恋愛・婚活スタイリストとして独立する方法

今回、「失敗の定義と『失敗は成功のもと』という考え方」というテーマでインタビューを行ったJURI氏に「恋愛・婚活スタイリストとして独立する方法」を伺いました。
恋愛に熱中していた学生時代。
営業の仕事をしながら、芸能事務所でモデルや役者の仕事を続けていた下積み時代。
そこから、恋愛・婚活スタイリストとして独立するまでの人生を、インタビューしています。
特にJURI氏が独立する際に実際にとった行動に焦点を当て、詳しく聞きました。
恋愛・婚活スタイリストの仕事に興味がある方や、恋愛・婚活スタイリストとして起業・独立を考えている方にオススメの一冊です。


「Amazon Kindle」で全文を読む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*