新卒で就職した会社を3ヶ月で辞めた理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒で就職した会社を3ヶ月で辞めた理由とは

会社を辞めてしまうと、その後の人生は本当に苦しいものになってしまうのでしょうか?

今回、新卒で入った会社を辞め、スニーカーブランド「One Face Original」を起業した八城有史氏に「新卒で入った会社を3ヶ月で辞めた理由」というテーマでインタビューを行いました。

新卒で入った会社で感じた違和感、会社を辞めた後の行動、新卒で入った会社を辞めることについてなど、お話を伺っています。

このインタビューを通して、新卒で入った会社の環境が本当に辛い方や、新卒で入った会社を辞めたいと考えている方などが少しでも気持ちが楽になってもらえれば幸いです。




新卒で就職した会社を辞めた理由とは

なぜ新卒で就職した会社を辞めたんですか

就職活動はどうでしたか?

飲食業界とか、薬局とかを就職活動では受けてたよ。

食べるのが好きだったのと、地元にあった身近な薬局とかに就職しようと思ったんだよね。

建築関係とか金融とか、他の業界には全く興味がなかった。

それで就職活動をやってて受けた、飲食業界の会社に就職したんだよね。

新卒で就職した飲食業界の会社はどうでしたか?

飲食店に就職して、楽しくやってたんだけどね。わがままかもしれないけど、企業の言ってる事ってけっこう違ったよね。

上が言ってる事と、下で働いてる人達がやってる事が。「すごい矛盾してるよな。」ってずっと思ってた。

そう思いながらも、仲間ができたから、それなりにやってたんだけどね。

ある時、部長的な人が来て、「朝早く来て、サービス残業しろ。」みたいなことを言われた時に「はぁ?」と思ったんだよね。

「あぁ、もうここの会社はないな。」って。「自分で仕事をしようかな。」っていう気持ちが、そこで芽生えてきたのかも。

その時は新卒1年目の時だから、まだ24歳だったのかな。わりと早く芽生えたんだよね。

それで「会社を辞めたら、人生一回しかないし、自分の好きなことやろう。こんな会社にいるんだったら自分でやってやる。」って思って。

それは新卒で会社に就職して、どれくらいで感じたんですか?

新卒で会社に就職してから3ヶ月くらいかな。けっこう早く見切りつけたからね。そんなにモチベーションも高くなかったしね。私生活とも連動してたから。

「就職すれば安定した収入を得て、それなりの生活をしていける」って思ってたから、会社を辞めたらそれが崩れるでしょ?会社は理不尽なことをたくさん言うし。どこの会社でも言うんだろうけどね。

「だったら、ここで人生を費やすことはできない。自分で好きなことやろう。」と思って、新卒で入った会社を辞めたんだ。




新卒で入った会社を辞めた時のエピソード

新卒で入った会社を辞めた時のエピソードとは

新卒の会社を辞めた時はどんな感じでしたか?

「営業部長」っていうすっごい怖い上司がいて、店長とかもみんなびびっちゃうような。その人が来るとホントめちゃくちゃな事言うのよ、うちらにも。

バイトにはすごく優しいんだけど、社員にはめちゃくちゃ言うんだよね。「汚ねぇじゃねぇか!お前ここ洗っとけよ!」みたいな。すっげー怖い人だったの。

でも、実はその人が「社員を試してた」という事がわかって。

わざとキツく言って「『この子はどういう反応をするんだろう。』って事を試してた」ってことをキッチンのおばさんが言ってて。

「お前のこと、けっこう買ってたよ。」って。俺、とにかく文句も言わずに「はい!」って言ってたの。たぶんそれがよかったのかな。(笑)

裏では「本当、あいつムカつく。」って思いながらやってたんだけどね。(笑)

でも「わざと嫌われ役になって試して、成長させようとしてる人っているんだな。」と思って。

それで、俺がその会社を辞めたいって言った時に、その人が「俺と1対1で話そう。仕事は関係なく、男同士で話をしよう。」って。

その営業部長が「俺はこの仕事で家族を養ってる。俺はこの仕事を誇りに思ってる。お前はどうなんだ?」って、家族の話とか熱い話をして、「もう1回、明日俺に電話をしてこい。そこで会社を辞めたいのか会社に残るのか、俺に言え。」って言われたんだよね。

俺は結局、次の日電話して「会社を辞めたい。」って言ったんだけど、その人に「お前、洋服をやるって言ったけど、そんな簡単にできねぇぞ。」っていう風にも言われたの。

「そんな簡単にできるわけない。」的なこと言われたから、「だったらやってやる。」って思ったんだよね。だから、いつかその人に会って「やりましたよ。」って言いたい。そういう気持ちもずっとある。

まだそこまで来てないと思ってるから、いつか言いたいなって思ってる。

どこなんですか、その人に言えるタイミングは?

どうだろうね?もうちょっと稼いでからなかなぁ。

「いつか言える時が来たらいいなぁ。」っていうのはある。すごいありがたいなと思ってる。あれだけ言ってくれたらね。




新卒の会社を辞めた後

新卒の会社を辞めた後は

新卒の会社を辞めた後はどうしたんですか?

新卒で入った会社を辞めてから、「何しようかなぁ?」と思って。その時、一人暮らししてたんだけど、収入を絶っちゃったから、けっこう厳しかったかな。

大学の時に借りてた奨学金の返済も始まってたから、早く収入源を見つけないといけなかったんだよね。でも、「まぁ、なんとかなる」と思って。

大学の時にコンビニでバイトしてたから、慣れてるコンビニでバイト探して、すぐに入った感じ。それで、コンビニでバイトしながら、「何をやろうか?」ってずっと探してた。

やりたいことを探してたけど、日々の生活にいっぱいいっぱいになっていって、そういう気持ちも薄れていって。

その後、なんだかんだでコンビニのバイトを5年くらいやることになるんだけど、仕事を頑張ったせいか、途中からバイトリーダーにしてくれたんだよね。

それで「2店舗目出すけど、お前やらないか?お前に任せるから、自由にやれよ。」みたいな事を言われたのね。そこの店長がすごくいい人で、すごく買ってくれてたんだよね。その時はちょっとぐらついた。

日々の生活にいっぱいいっぱいになってたけど、自分を認めてくれる人がいるっていう。

「あぁ、こういうのもいいのかなぁ。認めてくれる人がいて、仕事をするっていうのも楽しいなぁ。」っていうね。

新卒で入った会社を辞めるという事について

新卒で入った会社は3年間は辞めてはいけないんですか

「新卒で入った会社を3年以内に辞めたら、社会人としてやっていけない。」みたいな風習についてはどう思いますか?

俺、その言葉すごい嫌いなの。「新卒で入った会社を3年やったら何かある。」って言うけど、「本当にあるのかなぁ?」って。

単純に「新卒で入った会社を3年やる」って言っても、何かを持って3年やるのと、ただ3年やるのってだいぶ違う気がするんだよね。「ただ、だらだらと3年やっても、意味があるのかな?」と思って。

会社に就職して働くことに対して気持ちがどんどん離れてたから、「とにかく自分の好きなことやってやろう。」と思って会社を辞めた。ある意味、敵にしたよね、勝手に。「見てろよ。」みたいな。

「夢があるわけじゃないけど、会社が辛くて辞めたい。」という人に、何て声をかけますか?

「会社を辞めたい。」と思う直前に、何か思ったことがあるんじゃないかな?

たとえば、仕事で失敗したとか、彼女に振られたとか。じゃないとそこまでの絶望感じゃなくない?

でも、やりたいことがないなら、「とりあえず、仕事は続けとけ。」って言うと思う。「仕事をやりながら、自分のやりたいことを見つけたら?」って言うかもしれない。

でも、やっぱり仕事はギリギリまで続けた方がいいと思う。会社を辞めたとしてもなんもないよ。

会社が辛くて辞めたい時はどうすればいいでしょうか?

「会社が辛くて辞めたい。」って思いながらも「次に行くためのステップだ。この辛さは必ず糧になる。」って、今の状況を客観的に見るの。そう思えば、今の辛さもやり過ごせる。

主観的に考えちゃうと「ただ辛い。」になっちゃうから。

今の状況を客観的に見て、「今の辛さは次につながる絶対いいステップになるぞ、いい肥やしになるぞ。」って思えば乗り切れる。

そういう意味での客観的というか、全体のバランスを見るというか。たぶんマイナスに考えちゃうのは、自分の主観になってるからだと思うんだよね。

客観的に見ることができれば「あぁ、もっとうまく考えよう。」ってなると思う。あとは、本に書いてあったんだけど、「自分ならできる。」って自分に思い込ませるのもいいと思う。

俺も結構やってきたんだよね。「できない」とか思わない。「自分ならできるんだ。」って思い込ませてきた。

スニーカーブランド「One Face Original」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シューズブランドを起業する方法

今回、「新卒で就職した会社を3ヶ月で辞めた理由」というテーマでインタビューを行った八城有史氏に「シューズブランドを起業する方法」を伺いました。

高校を中退し引きこもり生活を経験。アルバイトなどを続けながら、一念発起し大検を受け、大学へ進学。

新卒で就職した会社を3ヶ月で辞め、アルバイトを続けながらシューズブランドを起業します。

八城有史氏が学生の頃からシューズブランドを起業するまでの人生を、詳しくインタビューしています。

シューズブランドの仕事に興味がある方や、シューズブランドを起業したいと考えている方にオススメの1冊です。


「Amazon Kindle」で全文を読む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*