自然が豊かで水や食べ物も美味しい熊本の良さとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熊本の良さ

熊本とはどのようなところなのでしょうか?

今回、カメラマンとして独立した齋藤剛志氏に「自然が豊かで水や食べ物も美味しい熊本の良さとは」というテーマでインタビューを行いました。
東京から熊本に移住した理由や、齋藤剛志氏が感じた熊本の良さなどを伺っています。
熊本への移住を検討している方や、熊本へ旅行を計画している方などの参考になれば嬉しく思います。




熊本に引っ越した理由

熊本に引っ越した理由とは

なぜ埼玉県出身なのに熊本に行ったんですか?

それは嫁さんのお母さんの実家が熊本で、そういう縁があったから。
まったく知らなかったわけじゃないからね。
最初、「長野もいいよな。」って思って、長野のどっかの都市が、けっこう移住を受け入れてたんですよ。
ちゃんと放射能被害に対して真剣に考えている自治体があって。
でも、長野って新幹線か車じゃないと移動できないでしょ?
仕事もあるから、東京と行ったり来たりしないといけないから。
それでシミュレーションしてみたんだけど、仕事が終わって高速を3〜4時間かけて帰るのはちょっと辛いなって。
高速代もバカにならないし。
それで調べてみたら、熊本だったら飛行機でLCCを使えばめちゃくちゃ安くて。

え、熊本までLCCだと高速代より安いんですか?

安い、安い。
今度、熊本に帰るのは6月29日なんだけど、それ片道3480円だからね。
すごいでしょ?
早めにチケットを取れば安いんだよね。
あと、「セール期間」っていうのがあって、6月29日に熊本に帰って、10日間ぐらい熊本にいて、7月10日に帰ってくるチケットが、往復で7500円とか8000円ぐらいなんだよ。
新幹線とか馬鹿みたいだよね。(笑)
でも、早めに買えばだけどね。
3週間ぐらい前だったかな?
セール期間中じゃないと、そこまで安くないけどね。
1週間ぐらい前に買っても、熊本まで片道1万円ちょい。
それでも新幹線より安いからね。
新幹線だと大阪まで片道1万5000円くらいだからね。

そんなに安いんですね。知らなかった。

まぁ、いろいろだけどね。
「ジェットスター」っていう航空会社を使ってるんだけど、どんどん路線を増やしてるみたいだよ。
アプリで予約ができるんだけど、東京から熊本で6月30日で「検索」って押すと、3870円。
飲み代1回分くらいでしょ。(笑)
だからそういうのもあって、熊本いいなって。




熊本の良さとは

熊本とは

どんなところですか、熊本は?

熊本は本当にいい。
美味しい。
水もうまいし、食べ物も美味しいし、自然が豊か。
東京にないものがいっぱいある。
思うんだけど、「田舎なんて行ったって、なんもないじゃん。」って言う人いるじゃん。
「なんもない」じゃなくて、あるんですよ、たくさん。
いいところだよ、熊本。

どれくらい熊本には帰られているんですか?

時期によっても違くて。
8月は1回も熊本に帰れないんですよ。
数ヶ月先までだいたい決まってるんだよね。
いつも暇なのは11月と4月かな。
その月は暇で、けっこう熊本にいるよ。
5月も暇だったな。
畑やってた、土いじって。
いいよ、楽しい。
またね、熊本には美味しいお店がいっぱいあって。
オーガニックな自然農で作った野菜を、美味しく料理してくれるようなお店がけっこういっぱいあって、そういうところに行って。
あとは、温泉に行って癒されて。
熊本は人口が少ないせいか、東京が多すぎると思うんだけど、まず渋滞がないから。

ストレスがないんですね。

車で40〜50分行けば、キャンプ場もすぐ近くにあるし、阿蘇山も近いんだ。
阿蘇山も車で30分くらい行けば着いちゃう。
熊本には近くに観光地みたいなところがいっぱいあるんだよね。
それに、食べ物もうまいし。
あとは湧き水がすごいのね、熊本って。
湧水群がいっぱいあって。
熊本の水道水って全部湧き水なの。
熊本県全部。
水がうまいし、水が違うとやっぱ違うなって感じるね。
家の風呂でもすっげー気持ちいいの。
東京ってすごいカルキが入ってるじゃない。
でも、熊本の水は自然の水だから。
何がどう違うっていうのは分からないんだけど、感覚的にすごい気持ちよくて。
体に取り入れるどうこうじゃなくて、熊本は周りの環境がすごくいい。
あと、すごいよく寝れるの。
熊本に帰ると熟睡できる。
なんでそうなるのかは分からないんだけど。




熊本と携帯電話

すごくいいところですね、熊本。

まぁ、うちは熊本でもすごい山の中なので、こないだまでソフトバンクが通じなかったんだよね。
1年前ぐらいまでかな。
「通じねぇじゃん、ここ!」みたいな。(笑)
ちょうど窪地みたいになっているところで、ちょっと歩いて上に行くとつながるの。
知らない間に着信があったりするんだよ。
「鳴ってないじゃん!」みたいな。(笑)
でも、着信マークだけがあって、そういう時は上まで登って電話するんだよね。
それで、「なんで熊本だとよく眠れるんだろうな?」って思ったら、たぶん「電磁波」だと思うんだよね。
東京って電磁波まみれじゃない。
Wi-Fiだったり、携帯の電波だったり。
電磁波がないんですよ、きっとそこは。
熊本の中でも市街地じゃないからね。
山の中だし、Wi-fiないし、ソフトバンク届いてないし。
電波を発するものってないわけですよ、何にも。
たぶん、そういう影響もあるんじゃないかなって。

だから熟睡ができると?

うん、おそらく。
知ってる?
あのWi-Fiルーターだっけ?
Wi-Fi飛ばすやつ。
そこの横に置いてた植木鉢と、そこじゃないところに置いてた植木鉢に種を植えたら、こっちがまったく育たなくて、もう1個の方はぐんぐん育つんだって。
それを聞いて、本当にWi-fiって良くないんだなって思ったんだよね。
電磁波っていうか、電波って。
携帯で電話するのも。
DOCOMOの人とかも、電話する時、身体から離すって聞いたよ。
イヤホンつけて話すって。

そんなにやばいんですか?もはや携帯不審です。(笑)

だから僕、寝る時は枕元には置かないで、必ず機内モードにして寝る。
本当に身体に良くないんだって。
どういう影響が出るかはまだ分かってないんだけど。
もし携帯の電波がダメだったら、けっこうダメかもしれないんだけど、因果関係が証明できないからほったらかしてるの。
それを疑問に思った科学者達が、いろんな実験とか検証して、そういうことを発表してるんだけど、「そうなんだ。」って受け入れてくれるような資本主義はないじゃないですか、きっと。
便利さとお金には勝てないんですよ。
だから、自分でそういうのを調べて、自分で接するしかないんだよね。
だから、熊本に帰ってる時はそういう感じがするなと思って。
熊本に帰ると本当によく眠れるんだよね。
あと、満月の日とか、うちの寝室って和室なんだけど、布団を敷いて窓を開けると月明かりがばーって入るのね。
明るいのよ。
そこをこうやって寝っ転がって外を見ると、窓越しに月とか星がばーって。
そういうのを見てると、「あぁ、熊本は東京にはない、本当にいいところだな。」って。
街灯はあるんだけど、東京だったら隣の家の明かりとかがあって、月とか星があんまり見えないじゃん。
なんでもあるんだよね、田舎の方が、実は。
「なんもない」じゃなくて、「なんでもある」んだよ。
そういうのがいいんだよね、熊本は。
それにしても、この炙り明太子うまいね。

熊本の食べ物とお酒

熊本の食べ物とお酒とは

この岩のりもうまいんですよ。鼻に抜ける磯香りが。

熊本にもあるよ。
パックに入って150円くらいで。
味噌汁に入れるとうまいんだよ。
あ、これ熊本の焼酎です。
白竹。

よく飲むんですか、白竹?

うん。
熊本では、飲みに行ったら焼酎だね。
また美味いんだよ、安くて。
紙パックの焼酎あるじゃない、一升瓶じゃなくて。
あれがいろんな種類があって、安いのよ。
1000円ぐらいあればいいのが飲める。
安いでしょ?
東京にはないやつで。
焼酎っていうと、東京だと芋か麦だよね。
熊本は米焼酎なんですよ。
米が美味いの。
あんまりクセもなくて。

「宇宙大使☆スター」オフィシャルホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラマンとして独立する方法

今回、「自然が豊かで水や食べ物も美味しい熊本の良さとは」というテーマでインタビューを行った齋藤剛志氏に「カメラマンとして独立する方法」を伺いました。
美大で染色を学んだ後、2年間海外へ旅に出て、日本に戻ってきてから突然カメラマンを志し、スタジオに就職。
アシスタントを経験し、カメラマンとして独立するまでの人生をインタビューしています。
特に齋藤剛志氏が独立する際に実際にとった行動に焦点を当て、4時間に渡り聞いています。
カメラマンという職業を目指している方や、カメラマンとして独立を考えている方にオススメの一冊です。


「Amazon Kindle」で全文を読む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*