CDジャケットやライブ、広告の撮影をするカメラマンの仕事とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラマンの仕事とは

カメラマンの仕事とは、どのような仕事なのでしょうか?

今回、カメラマンとして独立した齋藤剛志氏に「音楽ライブや広告の撮影をするカメラマンの仕事とは」というテーマでインタビューを行いました。
アーティストのCDジャケットから、ライブ写真、カタログや中吊り広告の撮影まで、幅広いお仕事の内容を伺っています。
カメラマンという職業に興味がある方や、カメラマンとして起業・独立を考えている方の参考になれば幸いです。




カメラマンの仕事

どんな仕事をしていますか

どんなお仕事をしていますか?

今はカメラマンをやっていて、CDジャケットの写真とか音楽のライブ写真、雑誌の撮影なんかをしてる。
あとは広告関係かな。
よく駅に貼ってあるポスターとか中吊り広告、あとはカタログとかを撮影しています。
割合的には広告関係が多くて、音楽関係もけっこう多いですね。
今日、渋谷と銀座に行ったら、どっちも僕の写真で埋め尽くされてましたよ。

自分の仕事が大々的に出ているのって、どんな感覚なんですか?

いや、別に。
俺の写真って言っても、仕事だからね。
いや、でも嬉しいっすね、やっぱね。
あんだけ貼られてると。
あ、あと、この写真も。
撮影するまで、この人知らなくて。
うちねテレビがないんですよ。
全然テレビ見ないんだよね。
だから、全然分からなくて。

カメラマンの仕事は、だいたい東京都内ですか?

そうだね。
クライアントはほぼ都内かな。
あとはどんな写真撮ってたかな?
主な取引先は、広告代理店とかレコード会社とかが多いかな。
雑誌だったら出版社、「GO OUT」っていう雑誌で連載やってるんだよね。
僕の連載。
見開き2ページをもらって、自分の写真と、文もちょっと入ってる。
ちょっと待ってね。
予定表を見れば、何やってるか分かるよね。
すぐ忘れちゃうんだよね。
あとは、やっぱりフェスの写真が多いかな。
フジロックとか、ああいうロックフェスティバル。




カメラマンの勤務スケジュール

カメラマンの休日

お休みはいつなんですか?

特に休みを決めてないね。
「日曜日は必ず休む」とかじゃなくて、週7日仕事する時もあれば、週3日の時もある。
でも、休みはないような感じかな。
熊本にいる時は、お休みのような感じがするかな。
撮影がない時は、撮影の準備とか、撮ったやつをセレクトして後処理をしているんだよね。
写真のトーンを調整して、納品作業をしなきゃいけないんだけど、それは熊本でもできるから。
そういう時は家でやって。
嫌いなパソコンで。(笑)
熊本にいるときも、そういう仕事はしてるからね。
だから、休みはほとんどないかなぁ。
でも、撮影も遊びのような、仕事のような感じでやってるから。
そう言うと、みんなに「幸せだね。」って言われるんだけど。(笑)
ストレスはまったくないと思う。
嫌な上司とかいないし、出世争いとかも別にないし。

カメラマンの仕事で感じるストレス

カメラマンのストレス

カメラマンをやっていて、ストレス感じる事ってあるんですか?

それはあるよ。
自分がこうやりたかったのに、100%自分のやりたいようにできるわけじゃないから、そういう時にストレスを感じるかな。
そこでもやっぱ自分色っていうか、「自分だったらカメラマンとして、こうやったほうがいいですよ。」っていう提案はしつつ、どんどん自分の方に近づけていくんだけど、それがうまくいかない時はストレスを感じる。
「絶対ダサいってそれ。」みたいな。(笑)
でも、最終的に「いや、でもこうしてほしい。」って言われたら、もちろんそうするよ。
そしたら、「そこの中でよくしよう。」って考えるんだけど、それがうまくいかない時はストレスがあるかなぁ。
それぐらいかな。
あとね、ずるい人と会うとストレスを感じる。

ずるい人とは、どういう人ですか?

後出しジャンケン的な。
例えば、今度の撮影で、4シーンの撮影があります。
「4カット撮るんで、この金額でどうですか?」って言われて、「OKです。」って返事をして、その中で話を進めていくんだけど、打ち合わせをやっている間に、カット数が倍ぐらいに増えていくんですよ。
「あれ!?」みたいな。
「一応、これも撮っておいて欲しいんだよね。」みたいな。
「はい。わかりました。」とは言うけど、「おかしいな。」とは思うよ。
4カットが8カットになったところで、写真を撮る事に原材料費がそんなにかかるわけじゃないからさ、「最初にそういう金額で4カットって言ったけど、8カットになったところでいいっしょ?」みたいな感じなんですよ。
だいたいそういう人ってね、「ちょちょちょって撮ってくれればいいから。」みたいな事言うんだけど、「ちょちょちょ」なんて撮れないんですよ。

プロとして「ちょちょちょ」なんて撮れないですよね。

撮影の時間が延びれば、僕の人件費もかかるし、撮影後にやることが倍に増えるからね。
実際、お金が倍かかるわけじゃないけど、作業量はほぼ倍になるよね。
それで、打ち合わせが終わって現場に入ったら、その時々に「ちょっとこっちからも撮っといて!」って、「結局10何カットになってるじゃん!」みたいな。
そういう人と仕事をするとストレスっていうか、いろいろ思うところはあるよね。
それで、だいたい使わないんだよね、そういうカット。
「あれ、使わないの?」みたいな。(笑)
まれですけどね、そういう人って。
そのくらいかな。

ありますよね、そういう「簡単にやってくれるんじゃないか。」みたいな流れ。

あとね、デジカメになったから多いと思う、そういうのが。
昔のフィルムだったらね、感材費がかかるから。
カット数が増えれば増えるほど。
だから言わないのよ、そんな無駄なカットは。
よくないよね。




カメラマンを辞めようと思ったこと

カメラマンを辞めようと思ったこと

カメラマンを辞めようと思ったり、諦めようと思ったことはありますか?

ないねぇ。
全然ない、残念ながら。
たぶん辞めないと思うね、死ぬまで。
カメラマンって、天職なのかもしれない。
職というか、必需品?

職業として、仕事をしている感覚ってあるんですか?

うん、あるある。
プロのカメラマンとして。

「宇宙大使☆スター」オフィシャルホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラマンとして独立する方法

今回、「CDジャケットやライブ、広告の撮影をするカメラマンの仕事とは」というテーマでインタビューを行った齋藤剛志氏に「カメラマンとして独立する方法」を伺いました。
美大で染色を学んだ後、2年間海外へ旅行。
日本に戻ってきて、突然カメラマンを志し、スタジオに就職。
アシスタントとして経験を積み、カメラマンとして独立するまでの人生を、4時間に渡ってインタビューしています。
特に齋藤剛志氏がカメラマンとして独立する際に、実際にとった行動に焦点を当て、聞いています。
カメラマンという職業を目指している方や、カメラマンとして独立を考えている方にオススメの一冊です。


「Amazon Kindle」で全文を読む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*