就職活動を支援するプロジェクトに参加した理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職活動を教える事になった理由

就職活動を支援する仕事に就くためには、どのようなキャリアを積めばいいのでしょうか?

現在、就職コンサルタントとして大学で就職活動の授業を行っている高田裕明氏に「就職活動を教える事になった理由とは」というテーマでインタビューを行いました。

どういう経緯で就職活動を支援するプロジェクトに参加し、大学で就職活動を教える事になったのか、その経緯を伺っています。




就職活動を教える事になった経緯

なぜ就職活動を教えることになったのか

なぜ就職活動を教える事になったんですか?

「ネットワークビジネス」を、右も左もわからず個人事業主として一人で頑張ってたんですけど、結果的に売り上げも上がってないのに経費を使いすぎて、お金がなくなってしまったんです。

だから、働かなきゃいけなくなって、「どこでもいいから働こう。」と思って、就職活動を始めました。

それで、派遣社員とか契約社員を募集しているサイトを見ていたら、「インテリジェンス」っていう名前が出てきて、「あ、この名前聞いた事ある!」と思って。

「登録しに行った方がいい。」って周りにも言われていたので、すぐにポチって押して、「登録しに行きます!」みたいな感じで行きました。

その時はたしか派遣社員の登録に行ったんですよね。

そしたら、インテリジェンスに登録した何日か後に電話がかかってきて、「うちで就職活動を支援する

プロジェクトがあるから働きませんか?」と言われて、そのまま入りましたね。

お金がないので「どこでもいいや。」と思って。

それで、契約社員ですけど社員になって、就職活動を支援するプロジェクト専門で働いていましたね。




就職活動を支援するプロジェクト

どんなプロジェクトでしたか

どんなプロジェクトだったんですか?

千葉県でやっていたんですけど、「未就業者支援プロジェクト」っていうのがあって、大学を卒業したけど就職が決まっていない若者達がたくさんいて、その子達が就職できるように、就職活動をサポートするっていうプロジェクトでした。

インテリジェンスが国から受注していたプロジェクトでしたね。

そこで、2年ぐらい働いて、辞めました。

それがきっかけですね、就職活動の業界に入ったのは。

僕はもともと営業をやっていたので、彼らが就職活動で行くような求人票を、営業として取ってくるのが最初の仕事だったんですけど、「100人くらいを一回契約社員として雇用して、成長させてから企業に送り出す」っていう仕組みだったので、他に研修している部隊があったんです。

そっちの方が人が足りなくて全然回ってないから「お前、あっち行ってこい!」って言われて、急にカウンセラーみたいな仕事をすることになったんです。

その研修部隊に異動になったのが、就職活動業界に入ったり、就職活動を教える事になったきっかけですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職コンサルタントとして独立する方法

今回、「就職活動を支援するプロジェクトに参加した理由とは」というテーマでインタビューを行った高田裕明氏に「就職コンサルタントとして独立する方法」を伺いました。
大学を卒業後、大手オフィス家具商社に就職。
ネットワークビジネスを経験した後、インテリジェンスの就職活動支援プロジェクトに参加。
世界一周や書籍の出版を経験した後、就職コンサルタントとして独立するまで人生を、4時間に渡ってインタビューしています。
特に高田裕明氏が独立する際に実際にとった行動に焦点を当て、聞いています。
就職コンサルタントという職業に興味のある方や、ゼロからの起業・独立を考えている方にオススメの一冊です。


「Amazon Kindle」で全文を読む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*