冴えなかった中学時代と高校で始めたハンドボール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冴えなかった中学時代と高校で始めたハンドボールとは

高校の時は何部に入っていましたか?

今回、就職コンサルタントとして独立した高田裕明氏に「冴えなかった中学時代と高校で始めたハンドボール」というテーマでインタビューを行いました。

「ドラえもん」というあだ名で冴えなかった中学校時代、高校から始めたハンドボール部、クーラーが理由で入った高校受験、叶わなかった高校デビューについて、お話を伺っています。

就職コンサルタントの仕事に興味がある方や、これから独立を考えている方が高田裕明氏のルーツを知ることで、少しでも職業選択の参考になれば嬉しいです。




あだ名が「ドラえもん」だった中学校時代

あだ名がドラえもんだった中学時代とは

出身はどこですか?

埼玉県の入間市ですね。
浪人までは入間市にいて、大学は大阪の大学に行ったので、それまで入間市にいましたね。

小さい時はどんな感じだったんですか?

冴えなかったですね。
中学の時のあだ名が「ドラえもん」です。

当時は太っていて、ドラえもんにそっくりだったんです。
眼鏡だけはのび太が使っているような四角い眼鏡だったので、「ドラえもん」っていうあだ名が中1で、中2で「のび太くん」になって。

中2で痩せたわけじゃないんですけど、眼鏡がのび太くんだから「のび太くん」になったんです。
3年になって痩せ始めて、「のびドラ」っていうあだ名になっていきましたね。(笑)

高校から始めたハンドボール部

高校から始めたハンドボール部とは

部活はやっていましたか?

中学校の時は野球部のベンチでしたね。
ライトとか、外野を守ってました。

小学校・中学校と野球をやってたんですよ。
高校は「野球のセンスがない。」っていうのが分かっていたので、野球部には入りませんでした。

でも「ちょっと運動したいな。」って思ってたんです。
高校に入ると、一番最初に部活のプレゼンみたいなのがあるじゃないですか。

その時に「ハンドボールって、ちょっと運動したい人にはちょうどいいっすよ。」というプレゼンをしていて、「なかなかいい部活だな。」と。
「週に何回か放課後に練習があって、たまに大会があります。」と。

「ハンドボール、すごくいいな。」と思って体験入部に行ったら、6時ぐらいにたまたま部活が終わってて。
先輩もいい人っぽいし、「これぐらいだったらいいな。」って思って、ハンドボール部に入りました。

入ってみたら、6時だったのが8時か9時まで、週に6日間部活があったんです。
ガッツリだったんです。しかも、ナイターができるようにライトがついて、夜までできるっていう。

それで、週6ぐらいでハンドボールやってましたね。

ハンドボール部は高校の3年間続けたんですか?

それがちょっと複雑なんです。
1年経って先輩が辞めた時、部長を決める会議で、なんと僕が選ばれて、なぜか僕がハンドボール部の部長に決まっちゃったんですね。

先輩が5人いて、後輩が8人いたんですよね。
同期も5人だったんですよ。それで「投票で決めます。自薦・他薦問いません。」みたいな。

もう一人同期で優秀な奴がいたんですよ。そいつが真面目だったんですよね。
その真面目な奴に5票入ってました。先輩は全員そっちに入れたんですよね。

後輩が全部俺の方に入れたらしくて、俺に決まったんです。
「部長になっちゃった。」っていうのもあるんですけど、その時あたりから「なんで週6もハンドボールやってるんだ?」と思って。

「夢に描いてた高校生活って、こんなんじゃなかった。」と思って。
男子校だったけど。

それで「これはちょっと良くないな、辞めよう。」と思った時に、ちょうど国語の授業で太宰治の「人間失格」の授業があったんです。

「僕はもう疲れました。」から始まる文章なので「これは面白い!これで退部届を書こう!」と思って。
授業中に「僕はもう疲れました。」って退部届を書いて、その日の夕方提出しに行って、ハンドボール部を辞めました。

部長が1日で辞めるっていう。(笑)
「部長が1日で辞める」っていう形でハンドボール部を辞めたんですけど、その後大会の近くになって、先生から「もう1回、ハンドボール部をやらないか?」と言われて、「週3だったら戻れます。」って言って、週3でハンドボール部に戻りました。

それで、大会だけしっかり出てましたね。
週3になり、週1になり、最終的には大会だけ出るみたいな。
いいポジションを確立しましたね、完全に。(笑)




クーラーが理由で選んだ高校受験

クーラーが理由で選んだ高校受験とは

なんで私立の高校に入ろうと思ったんですか?

なんか今考えると「高校受験も、全部適当だったな。」って思います。
中学校に入る時に、中学校受験もさせてもらったんですよね。

でも、落ちるんです、1校しか受けてなくて。
それで、公立の中学校に行ったんですけど、中学1年生から塾に入れてもらったんですよね、週3で。

今考えると「すげー金使ってもらったな。」と思って。
行きたくもない塾に週3で行ってたんですけど、途中からだんだん塾は面白くなってきましたね。

高校での成績はどうだったんですか?

数学の偏差値だけがすごく高くて、他の教科が低いみたいな生徒だったんですけど、中学での成績は普通よりちょっと上ぐらいでした。

3年生の高校受験シーズンになるちょっと前ぐらいに担任の先生に呼ばれて「◯◯って高校はお前を推薦にできるんだけど、どうする?」って。

僕が高校を選んだ理由は「クーラーがあるかないか。」だったんですよ。
中学校は暑いし、「夏にクーラーがない高校は嫌だな。」と思って。

それで先生に「クーラーがある高校がいいです。」って言ってたら、そこの高校はクーラーがあると。
クーラーがあるなら、そこの高校にしようかなと。

進学校だったし、普通に受験したら受かると思ったんですけど、保証はないみたいな。
五分五分ぐらいの戦いだったので、「推薦で行ける。」と言われて、「じゃあ行きます!」と。

それで、推薦で高校に行っちゃいました。




叶わなかった高校デビュー

叶わなかった高校デビューとは

高校生活はどうでしたか?

クーラー、よかったですね。(笑)

1つ間違えたところがあったんですよ。
高校デビューを夢見てたわけですよ、「ドラえもん」でしたからね。

「バレンタインにチョコレートをもらう。」とか「ラブレターをもらう。」っていうのが夢だったんですよね。
「いいなぁ、みんなもらってて。」って嫉妬してましたからね。コンプレックスの塊でした。

それで「よし、高校デビューだ!」と思って入った高校が、男子校だったという。(笑)

大いなる間違いをしてですね、高校生活は普通に過ごしました。
ちょっとランクを下げたイメージで入ってるわけですよ、推薦なので。

「この高校でトップの成績を取って、次の大学受験にかけよう。」と。
最初はそう思ってたんですけど、1年の最後の方から授業についていけなくなりました。

トップどころか、下から数えた方が早かったですね。
ワーストいくつに入るみたいな。
それで、高校で「麻雀」を覚えて、日々麻雀をしていました。

でも、男子校って合コンとかいっぱいあるんじゃないんですか?

いや、それが田舎の高校で。
川越にある「城西川越高校」っていう高校なんですけど、駅からバスで20分行かないとないところだったんです。

「城西川越高校」の近くに「川越高校」って言って、ウォーターボーイズのモデルになった、すごいイケてる男子校があるわけですよ。

基本的にイケてる川越高校が川越の女子を持って行っちゃうので、僕らには残らないわけですよ。
だから、ハンドボールを1年やって、2年目からは麻雀をやってっていう高校生活でしたね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職コンサルタントとして独立する方法

今回、「冴えなかった中学時代と高校で始めたハンドボール」というテーマでインタビューを行った高田裕明氏に「就職コンサルタントとして独立する方法」を伺いました。
埼玉県入間市で生まれ育ち、冴えなかった中学校時代。
高校デビューを夢見るも男子校に入学し、ハンドボールと麻雀に熱中した高校時代。
大手オフィス機器商社へ就職するも、3年間で退社し、世界一周や書籍の出版を経験。
そこから、就職コンサルタントとして独立するまでの人生を、インタビューしています。
特に高田裕明氏が独立する際に実際にとった行動に焦点を当て、詳しく聞きました。
就職コンサルタントの仕事に興味がある方や、就職コンサルタントとして独立を考えている方にオススメの一冊です。


「Amazon Kindle」で全文を読む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*