自信がないと思う原因とうまくいく自信をつける方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自信がないと思う原因とうまくいく自信をつける方法とは

どうすれば自信をつけることができるのでしょうか?

今回、占い師として独立した天海氏に「自信がないと思う原因とうまくいく自信をつける方法」というテーマでインタビューを行いました。

初めての独立でうまくいく自信があったかどうか、「自信がない。」という人について、自信を培う方法、自信を持つ方法などについて、お話を伺っています。

このインタビューを通して、自分に自信が持てない方や独立してうまくいく自信をつけたいと考えている方の参考になれば嬉しいです。




初めての独立でうまくいく自信

初めての独立でうまくいく自信はありましたか

今回、独立したのは初めての経験じゃないですか。独立してうまくいく自信はあったんですか?

自信はないけど、自由は手に入れた感じはする。

例えば占い師だったら、完全歩合なので日銭なんですよね。
その日、休んだら0だけど、仕事に出て行って頑張れば、その分お金がもらえる。

そういう不安定感はあるけど、逆に出勤する日程とか時間を自分で決められるから、自由だなって思う。

最優先したいことを優先できるというか、いつもは12時から8時まで仕事が入ってるけど、急に仲良くしてくれてる経営者の方から「明日、みんなで飲むんだけど、どう?」って誘われたら行けるので、そういう意味では自由を手に入れた感じはするよね、不安定さと引き換えに。

逆に、不安定さを安定させるために、お客様に信頼してもらう術とか、集客する術っていうことに気は使うかな。

占い師を始める前に、うまくいく自信はあったんですか?

うまくいく自信はないけど、今回に関しては体を壊して会社を辞めちゃったから、占い師をやるしか選択肢がなくて。
でも、営業もサービス業であり接客業なので、営業の仕事で今までやって来られたので、「占い師でも今までの経験が何か役に立つかな?」とは思ったりしますね。

占い師を始めた時は自信は別にないけど、どんな仕事でもそうだと思うんですよ。
たぶんサラリーマンでも「毎月、固定給がもらえる。」っていうこと以外は、やることって一緒だと思うんです。

サラリーマンでも独立していても、目の前にある事を、とにかく一生懸命やるしかないと思うんです。
「自信があるか?」っていったら、別に自信があるとは思ってないけど、「一生懸命やったら、なんとかなる。」っていうことは知っていたので。

だから、「なんとかなるんじゃないか。」って思ってたんじゃないかなと思います。




「自信がない。」という人について

「自信がない」という人について

最近、「自信がない。」っていう人が多いような気がするんですけど、どう思いますか?

どうなんだろう?
何事も自信がなきゃ、やらなきゃいいんじゃない?

「自信がない=覚悟がない」と一緒ですもんね。

セミナーの中で「自信」の授業をやるんですけど、結局「自信って、何か?」って言うと、自分を信じることなんですよ。読んで字のごとく。

自信がない人って、結局自分じゃなくて他人と比べているから自信がなくなっているんだと思います。

自分基準で考えて、「自分の目標と自分の基準の中で、自分がどれだけ達成できたか。」っていうことをやっていければ、「自信がない。」っていう状況に陥ることはないと思うんですよね。分かります?

なんとなく分かります。

みんな人と比べられて生きてきたので、「人と比べてこうだから、たぶん私は独立なんて無理だわ。」って思うから、無理なだけだと思います。

「自分は社会の中でこうありたくて、こういう人でいたくて、こういう仕事がしたい。」って考えて、それが今いる会社とはそぐわないのであれば、「その考えをもとに独立しよう。」って思えれば、そんなにブレることはないと思うんです。

でも、「会社がこうやって言うから、これって違うのかも。」って思えば、無理じゃないですか。
「『こうであるのが、自分にとっての正しい事だ。』と思う事を貫けるかどうか。」っていうだけな気がしちゃうんですけど、独立に関しては。

「絶対にうまくいきますよ!」っていう自信は全然ないけど、「自分がやってきた事が、間違った事ではない。」っていう自信があったので、「ある程度、食べていけるだろうな。」とは思いました。




自信を培う方法

自信を培う方法とは

自分も独立して、1年間ほぼ売り上げが上がらなかったんです。「このまま2年、3年と続けても、そんなに売上が上がらないんじゃないか?」って思っちゃったんですよね。この自信って、どうやって培えばいいんですかね?

「うまくいく自信がない。」っていうことは、「信念がない。」っていうことですよ。

「この仕事をすることが、社会にとって必要な事なんだ。」とか「この仕事は自分にとって必要な事なんだ。」って思えれば、年に10万円しか儲からなかったら、「こんなに社会にとっていい事をしているのに、10万円しか儲からない方がおかしい。」と思って、やり方を変えるしかないと思います。

やり方を変える前に辞めちゃうんだったら、「自信がない。」って言ってもしょうがないっていうか。

何事もね、初めてやることがうまくいくって、なかなかありえないことだと思うんです。
例えば、1年間で10万円しか稼げないんだとしたら、「こんなに社会の役に立っているのにおかしい。」っていうところから、「改良する努力が必要なのかな?」と思うよね。

逆に「ひょっとしたら、この仕事って社会に必要ないんじゃない?」っていう気づきも必要で、「必要ないんじゃないか?」って思った時に、「それでもこの仕事をやりたいのか、やりたくないのか。」っていう事だと思う。

「この仕事じゃなくて、こっちの仕事だったら必要なのか?」とか考える事も必要で、そうやって試行錯誤していく先に、成功があって自信がつくんだと思うんです。

そうやって試行錯誤していく過程で自信がつくと思うので、何かをする前に「1年で10万円しか稼げないし、このまま続けてもうまくいく自信ないな。」って辞めるんだったら、「そもそも、何で独立したの?」っていう感じがしちゃう。

何事もそうじゃないですか。
失敗も、成功するまでやれば成功じゃないですか。

そこの根性というか、気合いというか、執着心というか。
何事もそこな気がしちゃう。

足りなかったんですよね、その頃の自分には。

ごめんなさい。
でも、「自信」って何だろう

「自分を信じること」っていうのが一番強いような気がする。
本人がやろうと思ったことに対して、「必要ないかな?」って思えば、相手も「必要ないんじゃない?」って思うと思うよ。

その人がある意味ちょっとおバカちゃんで、「絶対に必要なんですよ!」って素直に信じられる人であれば、「必要なのかもしれない。」って思う人もいて、そこの違いのような気もしちゃうな。

例えば、私が「怪しくない占い師を目指してます。」って言っても、「バカじゃない、怪しい方が儲かるのに。」っていう占い師さんもいっぱいいると思うんだよね。

でも、私は「怪しくない占い師として、末長く社会に貢献したい。」って勝手に信じてるから、今のスタイルでやっているわけで、「何を信じるか」と「どれだけ信じられるか」なのかなって思う。

自信を持つ方法

自信を持つ方法とは

どうすれば、自分を信じられるんですかね?自分の思考を常に疑ってたらダメじゃないですか。「自分が考えていることは間違っていないんだ。」って思うにはどうすればいいんでしょうか?

それは例えば、「本当に誰かが共感してくれた。」とか「それで誰かを幸せにできた。」とか、他人に対しての成功事例が必要なのかなって思います。

成功事例を出すまではちょっとキツいかもしれないけど、それまで続けるしかないのかなって。

その中で、誰か1人でも「これをやってくれたから、こんなに幸せになったよ。」って言ってくれる人ができた時に、初めて自信になって「続けよう。」って思うんじゃないかな。
だから、その成功事例を作るまでの時間と根気は、ある程度必要なんじゃないかなって思う。覚悟というか。

でも、「自分の自信」って結構脆いもので、「人と比べるな。」っていっても、「あの人はあんなにうまくいっているのに。」って思っちゃったりするんだよね。

でも、「自分がやっていることに対して、誰かがすごく喜んでくれた。」っていう、本当にたった1人の人がいるだけで、「あ、間違ってなかったんだ。」っていう気持ちになるので、そのためには自分がやっていることを信じなきゃいけなくて。そこからだよね。

「自信を持つ。」って難しいですね。

なんでよ。(笑)
だから、結局さっき言った「一段飛ばしはない。」っていう話に繋がるけど、自分が思うことを貫くことが大事なんじゃないかな。

「1人に認められる」っていうところまでは、根気よく続ける必要があるのかなと。
でも、本当に1人に認められれば、いくらでも続けられるような気がする。

そこで、自信というものが出てくるんじゃないかなと思う。

「自信がない。」という若い人達がいた場合、どうすればいいですかね?

自信をつけるには、とにかくやるしかない、やってみるしかないと思っています。
だって、何もしていないのに自信なんてつくわけないじゃないですか。

何もやっていないのに自信がある人って、ほぼ空気読めない人達だけだと思うんですけど。
たまに自信満々な人っているよね。あれは本当に稀なケースじゃん。

そうだとしたら、すぐに自信をつけるのは難しくて、ただ妄想しているだけでは自信には繋がらないから、自分が「これはいいんじゃないか。」と思う事はとにかくやってみること。

やってみた上で、「違うな。」と思えば、「次のこれはどうなんだろう?」って思うことをやってみること。
やってみることしかないと思うんだよね。

「それをどんなスピード感でやっていくか。」っていうことと、「そこに一歩踏み出せるか。」っていうことが大事だと思う。
それをやった上で、その人のやりたいことが見つかるか見つからないかが決まるはずだから、自信をつけるにはとにかくやってみるしかないと思うんだよね

新宿アゥルターム 占い師天海先生のブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

占い師として独立する方法

今回、「自信がないと思う原因とうまくいく自信をつける方法」というテーマでインタビューを行った天海氏に「占い師として独立する方法」を伺いました。
厳しかった父に怯えおとなしかった幼少期。高校を卒業し、銀行へ就職。
結婚を機に退職し、営業の仕事を続けていた会社員時代。
そこから、占い師として独立するまでの人生を、インタビューしています。
特に天海氏が独立する際に自信があったかどうかや、その時に実際にとった行動に焦点を当て、詳しく聞きました。
占い師の仕事に興味がある方や、占い師として独立を考えている方にオススメの一冊です。


「Amazon Kindle」で全文を読む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*